尾瀬の主要な登山口の案内

最近の登山口の概要

30年以上前、私が尾瀬をよく訪れていた頃は、尾瀬に入るもっともポピュラーなルートは大清水から三平峠
のコースであった。
ところが最近の登山者の記録を見ると鳩待峠と沼山峠からの入山者が圧倒的に多い様である、しかし私は
三平峠から尾瀬沼に入るコースが一番気に入っている。
それは三平峠を越えて初めて見た尾瀬沼の光景が今でも脳裏に強く焼きついているからです。

最近は入山者のほとんどが鳩待峠と沼山峠に集中しているのは入山の容易さが大きな要因でしょう。


鳩待峠登山口

 鳩待峠は尾瀬で一番利用者の多い登山口である。これは交通の便利さと尾瀬ヶ原への入山の容易さが最大の
理由でしょう。シーズン中は全国からのツアー客も多い様である。
 鳩待峠まではバス、タクシー、車の利用が可能であるがシーズン中は津奈木と鳩待峠の間はマイカー規制があ
るので注意が必要、また鳩待峠の駐車場はスペースもせまい。
マイカー等交通規制中は戸倉に車を駐車してバスやタクシーの利用となる。
マイカー等交通規制の詳細(鳩待峠)
(尾瀬保護財団のHP)
鳩待峠からは至仏山へ登るコース、尾瀬ヶ原に下るコース、あやめ平経由富士見峠に登るコースの三つのコー
スがある。
利用者の多いのは尾瀬ヶ原へ下るコースである、このコースは尾瀬ヶ原までずっと下りで登山開始からいきな
り下るわけで登山コースとしてはめずらしい。
鳩待峠から尾瀬ヶ原まではほとんど木道が整備されており危険な場所もなく歩きやすい。
鳩待峠から約1時間で尾瀬ヶ原の西端の山の鼻に着く事が出来る。
鳩待峠周辺

地図をクリックで拡大図が開きます



大清水登山口

 大清水は古くからの尾瀬の表玄関であり誰もが一度はたどるコースでしょう。私はこのコースが一番気に入
っています。
ところが最近は鳩待峠、沼山峠にみんなが押し寄せてこのコースは登山者が少なくなった様ですが逆にすばら
しさを満喫できる事ができます。
大清水から三平峠を越えて尾瀬沼まで約2時間30分です。三平峠付近までは通常の登山道で三平峠からは木道
が整備されています。
 また三平峠の手前の岩清水付近まで中断された林道の工事跡が残っています。
(林道工事についてはコラムの欄を見て下さい)
大清水登山口

地図をクリックで拡大図が開きます



富士見峠登山口

 尾瀬ヶ原の中心部、中田代に直接入山するコースで、以前は尾瀬入山・下山の最短路でもあった。しかし、
他のコースが便利になった事もありまた富士見下までバスが運行されていたがバスの運行が中止となってから
しだいにさびれていった。
尾瀬の静かな山旅を楽しみたいと思う人には最適なコースといえる。
 交通手段は、戸倉からタクシーまたは車利用で富士見下まで行ける。富士見下には無料の駐車場がある。


沼山峠登山口

 以前は檜枝岐村の七入から沼山峠まで約3時間弱要していたコースも今は尾瀬沼山樹海ラインを利用すれば
車で沼山峠まで入る事ができる。(個人的にはこれは少し便利すぎる気がする)
 御池から沼山峠間はシーズン中はマイカー規制があり、その時は御池に車を駐車してそこからバスの利用と
なる。
マイカー規制外の日でも沼山峠の駐車スペースは少ないので注意が必要です。
マイカー等交通規制の詳細(沼山峠)(尾瀬保護財団のHP)
 沼山峠から尾瀬沼までは下りのコースで1時間強で着くことができる。
沼山峠登山口

地図をクリックで拡大図が開きます



戻る