尾瀬の最近歩いたコース

コースの紹介
早朝の大江湿原 早朝の大江湿原 燧ヶ岳から尾瀬沼 燧ヶ岳から尾瀬ヶ原
  早朝の大江湿原      早朝の大江湿原    燧ヶ岳から尾瀬沼      燧ヶ岳から尾瀬ヶ原

           2:40 タクシー 3:50              6:00着
1コース 上野駅〓〓〓上越線沼田駅⇒⇒⇒大清水→→→→→→→→三平峠→→→尾瀬沼(三平下)

       6:15分6:40発 7:40    10:00     11:25      11:55
    →→→大江湿原→→→沼尻→→→→燧ヶ岳→→→→大江湿原→→→→→三平峠

      13:40     16:00
   →→→大清水⇒⇒⇒上越線沼田駅〓〓〓東京駅

 2 日程   夜行1泊2日
 3 時期   平成12年7月下旬
 4 今回のコースのコメント
  ・久しぶりに尾瀬のニッコウキスゲを見たくてこの時期を選んだ。
  ・平日で比較的静かな尾瀬を楽しむことが出来た。
  ・今回の大江湿原のニッコウキスゲの風景はあまりの素晴らしさに感激した。
  ・尾瀬の早朝の幻想的風景は何度見ても飽きることはない。

  (行程の詳細記録はこちらをクリック)

戻る

尾瀬の最近歩いたコース

コースの紹介
朝の横田代 アヤメ平 大清水平 大江湿原
  朝の横田代     アヤメ平と至仏山   静かな大清水平     大江湿原

      23:37(臨時、尾瀬ハイク号) 4:30 バス 6:10    6:30着
1 コース 品川駅〓〓新宿駅〓〓〓上越線沼田駅⇒⇒⇒戸倉⇒⇒⇒鳩待峠

      6:40出発  7:30     8:30       9:10     10:10
      鳩待峠→→→横田代→→→→アヤメ平→→→→富士見峠→→→→白尾山

          11:35     12:30     13:30     14:00着
      →→→→皿伏山→→→→大清水平→→→→三平下→→→→大江湿原(泊)

尾瀬沼 尾瀬が原 燧ヶ岳 尾瀬ヶ原
  燧ヶ岳から尾瀬沼   燧ヶ岳から尾瀬ヶ原  草紅葉と燧ヶ岳   秋の尾瀬ヶ原

 
【二日目】
    6:00発     8:35       9:15        11:50(昼食)    14:00
    尾瀬沼→→→→ミノブチ岳→→→→燧ヶ岳→→→→下田代(見晴)→→→→山の鼻


        15:00 タクシー15:40  バス  17:10 電車
    →→→→鳩待峠⇒⇒⇒⇒戸倉⇒⇒⇒⇒⇒⇒沼田駅〓〓〓上野駅


            〓〓電車  ⇒⇒バス、タクシー  →→徒歩

 2 日程   夜行1泊2日
 3 時期   平成10年9月下旬
 4 今回のコースのコメント
  ・25年ぶりのアヤメ平と静かな尾瀬を歩いてみたくてこのコースとした。
  ・JRの夜行電車は臨時運行ですので事前の確認が必要です。
  ・鳩待峠は尾瀬登山口の中で一番登山者が多いがほとんどが山の鼻へ下るのでアヤメ
   平のコースは比較的静かな尾瀬が楽しめます。
  ・このコースで鳩待峠から尾瀬沼までの間は木道はほとんどないので登山用の靴が好
   ましい。
  ・横田代、大清水の草紅葉は見事でした。
  ・白尾山と皿伏山周辺は人も少なく避難ルートも無いので慎重な行動が必要です。
  ・燧ヶ岳への燧新道は雨の日はぬかるんで歩きにくい場所が多いので注意。
   燧ヶ岳からの展望は尾瀬の山頂では一番と思います。
  ・尾瀬ヶ原と鳩待峠の間は木道が整備されているので雨天でも比較的容易に歩けます。

  (行程の詳細記録はこちらをクリック)

 5 追記
  ・25年ぶりに訪れたアヤメ平は残念ながら自然の湿原は回復していなかった、回復
   の難しさを改めて実感しました。
  

戻る

尾瀬の最近歩いたコース

コースの紹介
朝日の燧ヶ岳 三平下から尾瀬沼 三平峠への登りから 大江湿原
  朝日の燧ヶ岳      早朝の尾瀬沼    まだ雪の樹林帯  夕暮れの大江湿原

      6:12(新幹線)電車 8:00    バス 9:55着10:10発      11:50
1 コース 東京駅〓〓〓〓〓上越線沼田駅⇒⇒⇒⇒⇒⇒大清水→→→→→→→→三平峠

       12:05分12:20発   13:30    15:00   15:25      16:00着
    →→→尾瀬沼(三平下)→→→沼尻→→→→燧ヶ岳→→→→沼尻→→→→→長蔵小屋(泊)

     4:30発     5:00        6:00     6:40着6:50発      8:50着
    長蔵小屋→→→→皿伏山分岐→→→→→皿伏山(中腹)→→→三平下→→→→→→大清水

    9:15発  バス  11:15発 電車
    大清水⇒⇒⇒⇒⇒⇒沼田駅〓〓〓上野駅(九州大分へ)


            〓〓電車  ⇒⇒バス、タクシー  →→徒歩

 2 日程   1泊2日
 3 時期   平成10年4月下旬
 4 今回のコースのコメント
  ・賑わう前の尾瀬の雪山を楽しみたいと思い計画した。
  ・鳩待峠までのバス・タクシーは5月に運行(マイカーのみ可)との事で28日
   に開通した大清水のコースを選んだ(至仏山方面に行きたかったが時間的には断念)
  ・今年は例年より随分雪が少ないらしく、大清水から一ノ瀬までは全く雪はない。
   一ノ瀬を過ぎた頃から山肌の一部に残雪が確認される程度であったが、三平峠の
   手前付近から急に雪景色となる。
  ・初日はあいにくの天気で燧ヶ岳は中腹からガスで見えない。尾瀬沼の東側は雪も
   なくなり湖面が見える。
  ・大江湿原は雪はほとんどなくなり早くもミズバショウが咲いている場所もあった。
  ・沼尻までは無雪期よりも歩きやすく時間も早い。(しかしコースは確認のこと)
  ・沼尻からナデツ窪を燧ヶ岳へ登る、踏み後が無いがほとんどどこでも歩けるので
   方向だけ確認しながら樹林帯を登る。沢筋で踏み後を見つける。登りが急になっ
   たあたりからガスで視界が悪くなる。(雪渓は夏より早く登れる)
   燧新道との合流付近で登頂をあきらめ登った沢を一気に下る、あっという間に沼
   尻に着く。アイゼンは使わなかったが早朝の時間帯などは必要と思われる。
  ・二日目は快晴で夜明け前から行動開始、朝焼けの燧ヶ岳を見ながら大清水平から
   皿伏山方面へ、帰りのバスの時間の関係で途中から引き返し帰りは湖畔に直下で
   下り湖畔縁を三平下まで歩く(一部雪解けはあったがほとんど湖畔が歩ける状態)
  ・ここから大清水までノンストップで歩き9時前に着いた。
  ・大清水のミズバショウは満開でちょうど見頃でした。
  ・大清水発9時15分のバスで九州の大分への帰路につく。
 5 追記
  ・尾瀬の小屋にほんとに久しぶりに宿泊した。宿泊者18人と静かでした。(営業
   しているのは長蔵小屋だけ)
   同部屋の6人は尾瀬のベテランばかりで大変楽しく過ごせました。
  
   (*小屋での部屋の写真はこちら)
  
  ・尾瀬でも雪山は他の山と同じで装備と慎重な行動が必要な事は言うまでもありま
   せん。
   特に樹林地帯は視界が悪いときは地図などによるコース確認や判断が必要です。

戻る

尾瀬の最近歩いたコース

コースの紹介
早朝の尾瀬沼 早朝の尾瀬沼 至仏山 尾瀬ヶ原
 早朝の尾瀬沼      早朝の尾瀬沼       至仏山      尾瀬ヶ原

          電車 23時30分  タクシー 1時〜3時30分    5時20分
1 コース 上野駅〓〓〓上越線沼田駅⇒⇒⇒⇒⇒⇒大清水(仮眠)→→→→→三平峠

           5時40分     9時            12時〜14時
      →→→→→尾瀬沼→→→→→→尾瀬ヶ原→→→→(散策)→→→→→山ノ鼻 
            15時            バス  17時30 電車
      →→→→→→鳩待峠⇒⇒⇒⇒⇒⇒戸倉⇒⇒⇒⇒⇒⇒沼田駅〓〓〓上野駅

            〓〓電車  ⇒⇒バス、タクシー  →→徒歩

 2 日程   夜行日帰り
 3 時期   8月上旬
 4 今回のコースのコメント

  ・最近は尾瀬への入山の主要コースは鳩待峠や沼山峠であり大清水から入る登山者は少ない
   しかし私はこのコースが気に入っている。
  ・沼田駅からのコースは以前は主要コースであり交通の便も良かったが現在は交通の便はや
   や不便となっている。(週末の特定の日のみ沼田から早朝のバス便がある、それ以外の日
   に早朝行くにはタクシー利用しかない)
  ・大清水で仮眠後、早朝の3時半に出発し満天の星空の下、懐中電灯で一の瀬まで歩く。
   一の瀬あたりから空も明るくなり林道から登山道へ入る。
  ・岩清水で一休み、湧き水が美味い。いつの間にかもうすっかり夜は明けている。
  ・三平峠を過ぎる樹林の合間から朝靄の尾瀬沼が姿を表す。(この瞬間がすばらしい)
  ・早朝の尾瀬沼はすばらしい景観を見ることが出来る。
  ・尾瀬沼から尾瀬ヶ原までの歩道はやや単調である。
  ・尾瀬ヶ原はいろんな草花を鑑賞しながらゆっくり歩きまわり昼頃山ノ鼻に着く。
  ・山ノ鼻から鳩待峠間は木道が整備されていて歩きやすい。
  ・鳩待峠から乗り合いタクシーで戸倉まで行き沼田行きのバスで尾瀬をあとにする。

戻る

尾瀬の思い出コース その1

コースの紹介
                        2時間20分      30分
1 コース 上野駅〓〓〓上越線沼田駅⇒⇒⇒大清水→→→→→→三平峠→→→→→→尾瀬沼
       3時間            2時間20分
      →→→→→→尾瀬ヶ原(下田代)(泊)→→→→→→富士見峠
       2時間
      →→→→→→鳩待峠⇒⇒⇒⇒⇒⇒戸倉⇒⇒⇒⇒⇒⇒沼田駅〓〓〓上野駅

            〓〓電車  ⇒⇒バス  →→徒歩

 2 日程   2泊3日(上野駅発夜行電車利用)
 3 時期   7月下旬
 4 見どころ 尾瀬ヶ原一帯のニッコウキスゲ
        ニッコウキスゲのきれいな尾瀬の写真(田端さんのページ)へ
 5 コースのコメント

  ・シーズン中の週末は電車の時間に合わせた沼田駅発の早朝(3時前後)からの
   バスが運行している。
  ・首都圏から会員制夜行バスが運行されている。
  (それぞれのバス会社の連絡先は,情報のコーナーを見てください)
  
  ・大清水の先には中断された林道工事の跡が残っている。

  ・三平峠までの登りを終えると突然眼下に姿を見せる尾瀬沼の光景は素晴らしい。

  ・尾瀬と言えば水芭蕉が有名ですが,私はこの時期のニッコウキスゲの方がすきです。
  ・この時見たアヤメ平の光景も別の意味で印象的だった。

戻る

尾瀬の思い出コース その2

                        3時間        1時間20分
1 コース 上野駅〓〓〓上越線沼田駅⇒⇒⇒鳩待峠→→→→→尾瀬ヶ原(泊)→→→→→三條の滝
       4時間     1時間30分     1時間50分
      →→→→→→尾瀬沼→→→→→→三平峠→→→→→→大清水⇒⇒⇒沼田駅〓〓〓上野駅

 2 日程   2泊3日(上野駅発夜行普通電車利用、または首都圏からの夜行バス)
 3 時期   8月上旬
 4 見どころ 三條の滝
 5 コースのコメント  
 
   ・鳩待峠までバスや自家用車で行けるので容易に尾瀬を楽しめるコース。

   ・尾瀬ヶ原(田代十字路)から三條の滝まで地図ではすぐ行けそうだが
        結構高低差が有るので往復に予想より時間がかかる。

   ・三條の滝を見ているとこんな高い位置の何処にこのように多くの水が
        蓄えられているのだろうと感じる。


戻る

尾瀬の思い出コース その3

 1 上野駅〓〓〓上越線沼田駅⇒⇒⇒大清水→→→→→→三平峠→→→→→→尾瀬沼

   →→→→→→尾瀬ヶ原(泊)(尾瀬ヶ原を細かく歩く)→→→→→→鳩待峠⇒⇒⇒戸倉

   ⇒⇒⇒沼田駅〓〓〓上野駅

 2 日程   2泊3日(上野駅発夜行普通電車または首都圏発の夜行バス利用)
 3 時期   10月上旬
 4 見どころ 尾瀬一帯の紅葉
 5 コースのコメント

   ・尾瀬ヶ原の湿源地帯は木道以外は勝手にどこでも歩けないがじっくりと
    見て歩くと様々な池塘や植物などの風景を見ることが出来る。
    特に秋の尾瀬ヶ原は,派手さはないが別の魅力が有ります。


戻る 尾瀬のページへ戻る