平治岳 (紅葉期)
原生林の登山道 平治岳 平治岳から坊ガツル 平治岳から黒岳
  男池付近の登山道    ソババッケから平治岳     平治岳から坊ガツル    平治岳から黒岳

  1  コース
                 20分     30分        50分     30分
  大分・別府・福岡等⇒⇒⇒男池→→→→かくし水→→→→ソババッケ→→→→大戸越→→→平治岳

     20分      40分         40分
   →→→→→大戸越→→→→→ソババッケ→→→→→→→男池

                        {⇒⇒ バス,自家用車等    →→ 徒歩}
 2 日程   日帰り
 3 見どころ 男池周辺とソババッケ周辺の紅葉 (紅葉を観る)
 4 コースのコメント
  ・黒岳、平治岳の登山口である男池はミヤマキリシマの時期は年間で最大のにぎわいとなるが紅葉期もそ
   れに劣らず大勢の登山者が訪れる。
  ・登山口には駐車場が設けられ売店もあり簡単な食事もできる。
  ・男池入り口で清掃協力金(100円)を支払い遊歩道を進み左が男池、直進するとソババッケへの登山道
   となる。(男池経由でも可能)
  ・しばらくはブナの原生林の登山道を進み「かくし水」に着く。(飲み水の補給ができる)
  ・徐々に登りがきつくなり支尾根の登りを終えるとくぼ地「ソババッケ」である。
   紅葉期、この周辺の紅葉は見応えがある。
  ・ソババッケから左に進む黒岳登山道と別れ右の登山道を進む。
  ・登山道は石が多くなり沢沿いの道を登りつめると北大船山と平治岳の鞍部である大戸越に着く。
  ・大戸越から平治岳までの登山道は混雑時用に登りと下りの登山道が分かれている。
   ミヤマキリシマ群生の合間をぬった登山道を急登すると南岳でさらに一息で平治岳山頂に着く。
  ・大戸越からソババッケまでの帰路は黒岳風穴を経由する事も可能であるが大戸越と風穴間の登山道は利
   用者が少ないため一部登山道が荒れている所もあるので注意。
  ・男池周辺には遊歩道が設けられており時間があれば散策もよい。

戻る