宮崎の山のコース 大崩山
袖のダキから下わく塚

[袖のダキから下わく塚]

上わく塚

[上わく塚付近]

中わく塚

[中わく塚]

中わく塚方面

[中わく塚方面]

1 コース 
     国道10号1時間     国道326号40分     林道40分  林道15分   30分      20分
 大分県大分市⇒⇒⇒⇒⇒三重町⇒⇒⇒⇒⇒宇目町⇒⇒⇒北川町⇒⇒⇒上祝子⇒⇒⇒登山口→→→大崩山荘→→→→→徒渉点
   (熊本、福岡方面は熊本から竹田市経由三重町へ)

 1時間20分        20分       30分      30分      45分    5分      30分
  →→→→→袖のダキ→→→下わく塚→→→→→中わく塚→→→上わく塚→→→→→→石塚→→大崩山頂→→→→→リンドウの丘

 1時間     1時間40分  10分     30分
 →→→小積ダキ→→→→→徒渉点→→→大崩山荘→→→→登山口⇒⇒⇒⇒⇒帰路へ

 2 今回の日程   一泊二日(大崩山荘泊)
 3 見どころ 登山コースの絶壁の岩肌(袖のダキ、下、中、上わく塚) リンドウの丘からの展望
 4 コースを地図で見る
 5 コースのコメント  
 ・国道326号を三重から延岡方面に進むと赤い橋の手前に「大崩山登山口」の標識がある。
  ここを左折して上祝子への林道を進む。(林道は舗装されているが狭い)
 ・上祝子から川上に向かってさらに林道を進むと右手に登山口の標識がある。
  車はここまでで、適当な場所をさがして車をとめる。
 ・登山道は梯子やロープ、ワイヤーなどが多く健脚向きのコースである。
  特に雨天時等はスリップ等に注意した慎重な行動が必要。(コースは全体的に険しい)
 ・わく塚コースはすばらしい展望の連続で九州の山ではめずらしい景観である。
 ・山頂は特別展望もない平凡な山頂であり、食事休憩等は石塚やリンドウの丘あたりがお勧めの場所である。
 ・今回記載の記録は前日の夕方登山口の大崩山荘(無人小屋)に着いて、宿泊し早朝夜明け前に出発した。
                                                                            (1998年10月下旬実施)
                                      (平成24年 地図追加)

戻る