大分の山のコース 平治岳、大船山(ミヤマキリシマ期(H16年6日5日))
平治岳ら
[ソババッケから平治岳山]
平治岳頂から
[平治岳山頂と三俣山]
平治岳頂から
[平治岳山頂]

残念ながら今年も虫害がひどく綺麗なミヤマキリシマは見られませんでした。

過去の平治岳(ミヤマキリシマの綺麗な時)はこちら

「平成16年6月5日(土)、の行程」
(所要時間:荷物も少なく単独登山であり時間は短めになってますので、時間は少し割り増しして考えてください)

 5時40分       6時30分           7時20分  7時50分-8時30分          10時10分
 男池園地→→→→→ソババッケ(黒岳分岐路)→→→→大戸越→→→→平治岳→→→→→大戸越→→→→男池園地
 
「説明」
 ・男池園地に午前5時20分到着、駐車場はすでに半分ぐらい駐車している。
  車の中で朝食中や、仮眠中、準備中とさまざまな光景である。
  平治岳方面を眺めると空は晴れ上がっている、しかし天気は下り坂の様子。
 ・すぐに登山靴に履き替えて出発とする。
 ・この時間は男池園地入り口の管理棟はまだ開いていない、登山届を書いて登山開始。
 ・夏期のこの時間は完全に夜が明けていて歩くのも気持ちがよい。 
  すでに私の前後にも登山グループがいてさすがにこの時期の登山者の多さを予感させる。
 ・かくし水で冷たい水を補給しソババッケに着くと平治岳が青空の中に浮かび上がっている。
  平治岳のミヤマキリシマと、黒岳の新緑、紅葉期のほかは静かなソババッケも一休みの登山者が10人程。
 ・大戸越に着くと急に風を感じる様になり山頂付近はガスがかかっている。
  ミヤマキリシマのきれいな景観を期待していたが残念ながらぽつりぽつりと見える程度である、近くの株を
  見ると時期が早いわけではなく花芽が無い。
  今年も虫害がひどい様である。
 ・すでにこの時間でも大戸越から山頂の登り専用道は部分的に混雑している。
  山頂に着くとガスで視界がよくない、三俣山や北大船方面も全く見ることができない。
  しばらく山頂で休憩しガスの晴れ間を待つ事にする、しばらくしガスの切れ間から九重連山が確認できた。
  しかし、平治岳山頂の光景はひどいものである、ミヤマキリシマの花は僅かである、葉を調べると虫害の
  状況がよくわかる。
  これも自然の摂理、来年以降の回復を期待する事にしよう!
 ・状況によっては北大船山から段原をまわって帰路とする予定であったが雲の様子から天候の悪化が予想さ
  れミヤマキリシマが予想以上に期待はずれであったためこのまま下山する事とした。
 ・下山中に多くの登山者と出会ったが大戸越からはかなりの混雑であっただろう。
  男池の駐車場に着くと駐車場はすでに一杯で道路にも路肩駐車の車が溢れていた。
  来年に期待し男池を後にした。

戻る