大分の山のコース 平治岳、北大船山(男池登山口コース)
大戸越から

[大戸越から]
平治岳

[平治岳本峰付近]
北大船山頂

[北大船山頂]
ミヤマキリシマ
[ミヤマキリシマ]
            20分    30分       1時間     20分      15分
1 コース 男池登山口→→→かくし水→→→ソババッケ→→→→→大戸越→→→平治岳南峰→→平治岳山頂

       25分     55分      35分    50分     45分
      →→→大戸越→→→→→北大船山→→→大戸越→→→ソババッケ→→→男池登山口


  (コースの時間には休憩時間等は含んでいません)

2 コースを地図で見る
3 コースをスライドで見る (中画面) (大画面)
4 今回(2012年06月13日(水))の概要
 ・昨年は6月14日に平治岳に登ったが、今年もほぼ同じ6月13日に平治岳に登る事となった、もう少し前
  に登りたかったのだが天候や用事などで今日の登山となった。今日の天気予報は梅雨時期としては貴
  重な晴れの予想である、しかし天気図では九重の山間部は晴天とはならない様な感じで有る。
 ・登山者が多くなる前に山頂に行きたい為登山口に朝の5時に着いた、すでに数台の車が駐まって登山の
  準備中の様で有る、準備を終えて5時15分に登山を開始した。この時期はこの時間でもすでに明るいの
  で歩くのに問題は無い、大戸越まで2名の登山者と会っただけでさすがにまだ登山者は少ない。
  大戸越から平治岳を見上げるとミヤマキリシマが綺麗に色づいている。
 ・平治岳の南峰までの登山道両脇のミヤマキリシマは満開状態で一部花の終わったものも確認できる。
  本峰の先では3名ほどの登山者が居てカメラをセットしていた、山頂周辺はガスは無いが三俣山は残念
  ながらガスでほぼ隠れている、山頂周辺のミヤマキリシマは虫害もほとんどなく花は綺麗で有る、花
  のピークを少し過ぎた感じで有るがまだ充分に楽しめる状態で有る。
  九重連山のガスも晴れそうに無いので、大戸越まで下り小休憩とした、この時間は登山者も多くなっ
  てきた様だ、休憩後北大船山に向かったが此方は登山者は少ない、北大船山からは晴れていれば九重
  の峰々が一望できるのだが今日はガスで全く見えない、北大船山周辺のミヤマキリシマはまだ蕾も残
  っている、やはり平治岳よりは1週間程度開花時期が遅い様だ。
 ・北大船山から大戸越への下山時ガスの晴れ間から平治岳の色づいた南斜面が綺麗に展望できた、ミヤ
  マキリシマ周辺の樹木を広範囲に伐採している為ミヤマキリシマが特に綺麗である、この様な山岳地
  での樹木の伐採作業は大変と思うがどの様な組織機関で実施されているのだろう?
  綺麗な花を観賞させてもらって恐縮ですが、個人的には樹木の伐採は少し心配事も有ります、伐採し
  た後は綺麗なのですが平治岳山頂周辺でも数年前に伐採された樹木は今新しい多くの新芽が出てその
  威勢を増しつつあります、これらは放置しておくと伐採前より威勢を増していく様に思えます。
  自然界は一度手を加えると、加え続けないといけなくなるのではないでしょうか?
  平治岳のミヤマキリシマも近年は虫害も少なく綺麗に咲いていますが一時期虫害がひどくほとんど花
  の観れない時期がありました、この頃害虫駆除の薬を散布するなどの噂話もでましたがさすがにそん
  な事はしませんでしたが、その後自然のサイクルで害虫も減って近年は虫害が少なくなっています。
  しかし、北大船山の一部で虫害でほとんど花の無いミヤマキリシマ群落がありました。
  害虫といえども自然の営みの一部の生き物なので人工的になくすと自然のサイクルがおかしくなって
  しまうでしょう。人間にとって都合の悪い生き物や植物が自然界で都合の悪い物とは限りませんね。
  平治岳周辺の綺麗なミヤマキリシマ群生地を後世に残す義務を背負いつつ今後も鑑賞させてもらいま
  す。

戻る