大分の山のコース 久住山、扇ガ鼻(赤川登山口コース)
登山道から星生崎

[登山道から星生崎]
久住分かれ

[久住分かれ]
扇ガ鼻中腹のアセビ

[扇ガ鼻中腹のアセビ]
扇ガ鼻登山道
[扇ガ鼻登山道]
              2時間     15分     35分   1時間40分
1 コース 赤川温泉登山口→→→→→久住山→→久住分かれ→→→扇ガ鼻→→→赤川温泉登山口

  (コースの時間には休憩時間等は含んでいません)

2 コースを地図で見る
3 コースをスライドで見る 
4 今回(2012年03月30日(金))の概要
 ・今日は久しぶりの山登りだ、ほぼ2ヶ月ぶりに登山靴を履いた。
  今年の2,3月は雨が多くこんな気候では山には行けず、天気の良いときは用事が有ったりとかで2月
  初め以来の山登りとなった。
 ・平地部では春の花が咲き始めて陽気も良くなったがこの時期山はまだ春の気配は無いだろう。
  今日は赤川温泉登山口から久住山に登る予定で有る、登山口の駐車場に着くと一番奥に1台の車が駐
  まっている、直ぐに若い男性が出てきて、長者原方面への道路を訪ねられた。さすが最近の若者で
  あるスマートフォンを持ってきて地図を表示しながら聞いてきた、此方もこの方が説明しやすいが
  便利になった事を実感する。九重に登る予定との事である。
 ・準備を終えて6時に登山開始した、このコースは今冬の積雪直後に登って以来である、さすがに積雪
  期より歩きやすい、天気予報では午前中は晴れだったが久住山周辺はガスに覆われて風も比較的強い
  様だ。1時間程で登山道の展望の良い稜線に着いた、積雪期より30分は早く足の疲れも違う。
  山頂目指して樹林帯の登山道に入ると新しい階段状の木道が敷設されている、ごく最近敷設された様
  だこの付近は黒土がぬかるんで歩きにくい場所であるが新しい木道は誠に快適である、木道はまだ少
  しであるがさらに敷設するのだろうか?何処の管轄で敷設したのだろうか?ヘリで運んだのであろう
  大きな木材を使っている。
 ・ちょうど2時間で久住山頂に着いた、山頂は誰も居なくてガスに覆われ全く視界が無い、小休止後扇
  ガ鼻へ向かった。
  久住分かれに着くと時々ガスが晴れる様になったが空は一面雲で埋め尽くされている、今日はこれ以
  上天気が良くなることは無さそうだ。
 ・扇ガ鼻に着いて久住山を振り返ると山頂はガスがかかっている、早めに扇ガ鼻から赤川登山口に下る
  事とした、登山道中腹のアセビの群落は多くの蕾がまもなく咲きそうな状態である今日は気温は高め
  であり少々汗ばんできた頃に登山口に着いた。

戻る