大分の山のコース 祖母山(祖母傾山系)(神原登山口)
神原から祖母山

[神原から祖母山]
祖母山五合目の滝

[登山道沿いの渓谷]
国観峠から祖母山

[国観峠から祖母山]
祖母山頂
[祖母山頂]
            30分        1時間40分      25分         20分
1 コース 神原登山口→→→五合目小屋→→→→→→→→国観峠→→→九合目小屋→→→祖母山

                         35分    1時間10分            25分
            →→→国観峠→→→→→→五合目小屋→→→登山口

  (コースの時間には休憩時間等は含んでいません)

2 コースを地図で見る
3 コースをスライドで見る (中画面) (大画面)
4 今回(2011年08月09日(火))の概要
 ・7月の下旬に、前の仕事仲間と北アルプスの白馬岳に登る予定で楽しみにしていたのだが、残念なが
  ら悪天候で計画を寸前で中止とした、今年は7月の豪雨と異常なほど早い時期の梅雨明けと少し心配
  していたが、今年の夏はすこしおかしな空模様である。白馬岳は来年に再度計画する事とした。
 ・今回は、前回の登山からほぼ一か月ぶりの登山となった、九重山系や祖母山系の天気も今年の夏は
  すっきりしない日が多い。今日は天気予報は午前中はまずまずなので、早めに下山の予定である。
  このところの雨で、祖母山の神原渓谷も水量が多いと思い神原登山口から祖母山に登り、下山時は
  渓谷を楽しむ事とした。
 ・神原登山口に着いたのが6時30分、他に車は無い、空を見上げると薄曇りである。すぐ近くの渓谷の
  水音がいつもより大きく聞こえてくるやはり水量は多いようだ。
  五合目小屋までの登山道(遊歩道)は所々大木が倒れている、登山道からの渓谷はこの時期水量が
  多く見ごたえがある。
 ・五合目小屋から少し先の渡渉地点もいつもより水量が多い、ここから尾根筋の急傾斜の登山道とな
  る。国観峠から祖母山を眺めると、雲の合間に薄日がさす状況である、もう少し好天を予想してい
  たのだが、九合目小屋に着くと東側からガスが吹き上げていて視界が悪い。
 ・祖母山頂に着いたのが9時40分、南東側はガスで何も見えない、北西側はガスはないが視界は良くな
  く九重連山等は見渡せない。
  山頂にはトンボがやけに多くまっている、山ではそろそろ夏も終わりって事の様だ。
 ・下山時、五合目小屋の下から右岸に渡りトレッキングコースを下る事とした、この場所には木製の
  簡易な橋が架かっていたのだが、7月の豪雨で流されたのだろう何も無くなっていた。
  右岸に渡る適当な場所をさがして渡った、少し上に上がると五合目の滝ツボに行ける。登山口近く
  の林道まで二合目の滝など渓谷を楽しみながら登山口へと下った。また、登山口の竹田市は石橋や
  湧水群も有名です、帰路に楽しむ事もできます。
  


戻る