大分の山のコース 夏木山(鋸切尾根、夏木新道コース)
夏木山

[鋸切尾根と傾山]
夏木山

[鋸切尾根登山道]
夏木山

[アケボノツツジ]
夏木山

[夏木新道登山道]
1 コース 国道326号線⇒⇒⇒唄げんか大橋から少し延岡方面(藤河内渓谷標識)⇒⇒⇒藤河内渓谷⇒⇒⇒夏木新道登山口

         10分       1時間           2時間         10分   50分
         →→犬流れ越登山口→→→犬流れ越分岐点→→(鋸切尾根)→→夏木山→→分岐点→→→夏木新道登山口

  (コースの時間には休憩時間等は含んでいません)

2 コースを地図で見る
3 コースをスライドで見る (中画面) (大画面)
4 今回(2011年4月28日(木))の概要
 ・昨年はアケボノツツジの開花が例年より遅く5月1日に夏木山に登った、その時山頂では2部咲き程
  度であったが稜線ではきれいなアケボノツツジを楽しむ事ができた。
  今年も例年より開花は遅いようである、しかし昨年程度の花は楽しめるだろうとの予想で夏木山
  を目指した。
 ・国道326号線から宇目町の藤河内渓谷に入り、さらに林道を進み夏木新道の登山口に着いた、時刻
  は6時30分、まだ他に車はない、車を近くの路肩に駐車して6時45分に出発した。
 ・昨年は夏木新道から犬流れ越をまわって下山したが今年は逆に犬流れ越から鋸切尾根を歩き夏木山
  に進むコースとした。
  林道を10分ほど進むと犬流れ越への登山口である、登山口には特に案内板等は無い、沢のせせらぎ
  は全く聞こえず水も確認できない昨年の同じ時期には水が流れていた事からも今年がまれに見る少
  雨である事がわかる。
  沢の右側から犬流れ越へ尾根筋の急登の登山道を進み約1時間で犬流れ越に着いた、しかし周辺に花
  が見られない昨年はアケボノツツジとミツバツツジが咲いていたのだが。(昨年の犬流れ越付近)
 ・この先のアケボノツツジを期待して稜線沿いの登山道を夏木山目指して進むと綺麗に咲いたアケボ
  ノツツジが鑑賞できた、しかし昨年より明らかに花木の数が少ないそれとミツバツツジがほとんど
  見られない、樹木を見るとつぼみ状態で枯れている枝がある(植物に詳しくないがそう見える)。
  これは、4月中旬に山間部に雪が降った寒気あるいは少雨の為かよくわからないが少なくとも昨年
  はこんな樹木は無かった。はしごやロープの備えられた登山道を上下してピークを3回程越えると
  コースの難所の鹿ノ背である、この岩壁を超えると夏木山への最後の登りである。
 ・夏木山の直下で夏木新道からの登山道と合流すると登山者と初めて出会った。
  山頂はアケボノツツジはまだ咲いていない、一部の樹木にツボミが確認できるが少ない印象である、
  山頂のアセビは花が綺麗であったが夏木山では残念ながら登山者からは注目されない様だ。
  すぐに山頂から夏木新道を下る、アケボノ平あたりは8部咲きの感じである、ここで花を見ながら
  早めの食事とした、今日は稜線は北西の風が冷たいがこの付近は穏やかで暖かい。
  40分ほどくつろいで熱の冷めたコンロを仕舞い、下山を開始したが登山道では比較的小さな常緑樹
  では葉の枯れた樹木が目立つこれは少雨のためだろう。
  登山道中腹のシャクナゲも一部はきれいな花を咲かせていた。
  夏木新道登山口に着くと数台の車が駐車していた、また林道を少し下った広場にはマイクロバスが
  待機していた、夏木新道を下山時に出会った団体さんだろう、この時期夏木山は登山者でにぎわう
  期待通りの花を咲かせてほしいものだが、どうだろう。

戻る