大分の山のコース 由布岳(東登山口コース)
由布岳

[日向越]
由布岳

[登山道岩場]
由布岳

[由布岳山頂]
由布岳

[剣ノ峰から]
              40分    1時間20分     10分   20分
1 コース 由布岳東登山口→→→日向越→→→→→由布岳東峰→→マタエ→→→由布岳西峰

                            40分   5分        50分    30分
             →→→剣ノ峰→→東登山道分岐→→→→日向越→→→東登山口

  (コースの時間には休憩時間等は含んでいません)

2 コースを地図で見る
3 コースをスライドで見る (中画面) (大画面)
4 今回(2011年4月13日(水))の概要
 ・平地では桜の花も散り始め新緑の芽が出始めた、山のすそ野周辺は今山桜が綺麗である。
  今日は東登山口から由布岳を目指す事とした。
  大分市から別大国道を別府に向かう、ロープウエイや城島高原周辺は桜が見頃だ。
 ・九州横断道路の猪ノ瀬戸から右折しエコーラインに入り登り坂が終わった所(猪ノ瀬戸から2km
  程度)が由布岳東登山口である。
  登山者用の駐車場は無いので他車の交通の邪魔にならない様路肩に駐める事となる。
  6時50分に東からの朝の日差しを浴びながら登山開始である、登山口にはトイレと休憩所が備え
  られている。
  緩やかな樹林帯の登山道はまだ春の雰囲気は無いが足元は確実に春に移行している様だ。
  40分程歩くと日向越に着いた、ここからは日向岳を経て正面登山口へ1時間30分程度で行ける。
 ・日向越から登山道は由布岳方向に変わり小さなジグザグを繰り返し、徐々に登山道の傾斜がきつ
  くなり急な岩場にはクサリやロープなどが備えられている。
  岩場を何度か乗り越えると火口縁に出て一気に前方の展望が開ける、此所は山頂のお鉢巡りコー
  スとの合流点で右に剣ノ峰、左に東峰山頂を見渡せる、東峰山頂までは5分程度である。
 ・由布岳東峰に着きひと休みする、今日は360度雲一つ無い快晴の空である。
  休憩後、お鉢巡りコースを時計回りで歩くこととしマタエへ下った。
  直ぐに、登ってくる若い男女の2人と出会った、今日最初に会った登山者である、「きついです
  ね」と言いながらも元気に登っていった、そういえば最近は以前より若い登山者が増えた様な気
  がする、いい事だ。
  マタエから西峰の登山道に取り付き、前方に西峰直下の岩場が見えてきた、数ヶ月前の積雪期と
  は風景も随分違う(同じ場所の積雪期の風景)。
 ・西峰からは湯布院の街並み、その先には九重連山が綺麗に見渡せる。
  西峰から下りお鉢巡りコースの低い場所付近で3人のグループと出会った、正面登山口から日向
  岳を経て東登山コースを登って来られたとの事、皆さんそれぞれ登山コースを工夫されています
  ね。コースの低い場所から剣ノ峰までは大きな岩を越えたりする場所があるがクサリは無い、し
  っかりと岩場をホールドして登っていく。
 ・由布岳の東端の峰である剣の峰に着くと、東峰と西峰の間に涌蓋山が望める。
  東峰をスタートして1時間10分程度の所要である。
  10分程で東登山道分岐に着き、ここから登ってきた道を下った、登山口の休憩所にて昼食をとっ
  て帰路に着いた。
  尚、東登山口に車上荒らしに注意する旨の張り紙があった、車の駐車に不安な場合、猪ノ瀬戸に
  駐めると無難でしょう登山口まで歩いて20分程度です。

戻る