大分の山のコース 天狗ガ城(九重山)(牧ノ戸峠登山口)
九重山

[天狗ガ城山頂から]
九重山

[天狗ガ城から久住山]
九重山

[扇ガ鼻の霧氷]
九重山
[沓掛山から三俣山]
              25分     1時間20分       30分    1時間50分
1 コース 牧ノ戸峠登山口→→→沓掛山→→→→→→久住分かれ→→→天狗ガ城→→→→→→登山口

  (コースの時間には休憩時間等は含んでいません)

2 コースを地図で見る
3 コースをスライドで見る(4.1MB)
4 今回の概要
 ・今週は本格的寒波到来で大分市も初雪を観測した。
  特に16日は山間部は雪模様で高速道路の一部が通行止めとなっていた、17日(金曜日)に市内から由布岳
  を眺めると山頂付近は真っ白である、九重も今冬初の雪景色だろう、今日は九重の霧氷と雪景色を期待し
  て牧ノ戸峠を目指した。
 ・国道442号線に入るとくじゅう花公園付近から路面の一部に凍結があり、雪が見られるようになった。
  雪面の道路では速度を落として慎重に進む、瀬の本付近に雪は無かったが牧ノ戸峠へと高度を上げる毎に
  路面が雪で覆われてきた、駐車場に着いたのが5時40分、朝の気温の低い時間帯に景色を楽しみたいと思い
  今日は夜明け前に登山開始の予定である。
  準備を終えて6時過ぎに牧ノ戸峠を出発した、当然まだ暗闇であるが登山道には数名の新しい足跡が有る。
 ・沓掛山付近もガスに覆われて視界が無い、景色は下山時に楽しむ事として足早に進む。
  西千里が浜付近でやっとガスに切れ間が見える様になり星生崎直下では一時的にガスの切れ間に霧氷に包ま
  れた岩肌が確認出来た。
 ・久住分かれから登山道を左寄りに登り今日の目的の山天狗ガ城を目指した。
  今日の九重は全体的に思ったより雪は少なく霧氷が主体の風景の感じである、残念ながら午後にはこの霧氷
  の多くは消えるだろう。
 ・天狗ガ城の山頂に着いたのが8時過ぎで視界は良くなくガスが時々途切れる状態であった。
  昨日の天気予報から、今日は早朝から晴れるのではと期待していたが、大船山も完全にガスの中でありガス
  が綺麗に晴れるにはまだ1時間以上は時間を要す様である。
  数名の登山者もカメラを持ってシャッターチャンスを狙っている。
  しばらくするとガスが断続的に途切れる様になった、稲星山や久住山さらにその先に雲海も見渡せた。
  まだガスが完全に消えない山頂を後に下山を開始した。
 ・下山時、西千里が浜付近でふり返ると空は青空が広がっていた。
  牧ノ戸峠からの登山道は稜線に沿っている為霧氷は綺麗である、扇ガ鼻の北斜面も綺麗だ。
  沓掛山にて少し留まり周辺の景色を楽しんで牧ノ戸峠に着いた、沓掛山への遊歩道の霧氷はこの時間丁度溶
  け始めていた。
  駐車場はほぼ一杯で賑わっていた、駐車場にはまだ雪が残っているが帰路の道路は既に雪は無くなっていた。

戻る