大分の山のコース 大船山(大船林道(吉部)コース)(紅葉期)
坊がつるから

[坊がつるから大船山]

大船山頂から

[大船山頂から]

山頂の御池

[大船山頂の御池]

山頂から九重連山

[九重連山を望む]

                         1時間30分     1時間30分    20分      1時間20分    1時間10分
1 コース 大分・別府・福岡等⇒⇒⇒吉部(大船林道)→→→→→坊がつる→→→→→段原→→→→→大船山→→→→→坊がつる→→→→→吉部

2 コースを地図で見る
3 コースのコメント
  ・登山口の吉部(大船林道)へは九州横断道路方面から男池を目指し吉部の地名または大船林道を目標とする。
   林道の入り口付近には小さな案内板が設置されている。
  ・大船林道は橋の先からは一般車両は通行止めなのでその手前に車を止める。
   登山口の手前に車を駐車できるスペースがある、他の車の通行の支障にならない様にしましょう!
  ・坊がつる方面の登山口は大船林道から右に分岐する、登山届けのボックスや注意表示看板ご目印となる。
  ・登山道はしばらくは杉林の中を歩く、すぐに登山道は石ころや木の根などの多い悪路の急登となる。
  ・急登が終わると杉林もなくなりあとは坊がつるまで比較的平坦なコースとなる。
  ・杉林を抜けて少し進むと暮雨の滝へ下る分岐に着く、滝までは往復10分程度である。
  ・この付近から風景も変わり原生林の樹林帯の中から左手に平治岳が見えてくる。
   紅葉期は平治岳の斜面一面が綺麗に紅葉します。
   1時間程度で視界が開けてくるともう少しで坊がつるである、法華院山荘に続く林道と合流しここからは林道を歩く。
  ・雨ガ池からの登山道と合流すると登山者も多くなる。
  ・一面ススキにおおわれた坊がつると紅葉した平治岳大船山の大パノラマはみごとです。
  ・坊がつるから段原までは紅葉した樹林帯を登ります、高度が上がる毎に前に見える九重連山の風景が変わってきます。
  ・視界が開け大船山の山頂が大きく見えてくると段原に着く。
   (段原からは黒岳方面の風穴へ下る登山道があります)
  ・段原から後一頑張りで大船山頂です、山頂からはみごとな九重連山が展望できます。
  ・山頂の御池は紅葉期は池面周辺が紅葉し登山者で賑わいます。
    (2009年10月25日)



戻る