河川周辺の共同草切清掃
お仮屋近くの草刈り作業

[お仮屋近くの草刈り作業]
神社境内での作業後の懇親

[神社境内での作業後の懇親]
神社境内のギンモクセイの花

[神社境内のギンモクセイの花]

1 風景をスライドで見る

2 2011年10月02日のメモ
 ・子供の頃(ということは半世紀も前になりますが)、よく遊びまわった川も今は葦が茂り清らか
  なせせらぎの川ではなくなりました。
  農耕民族として長い年月を過ごしてきた期間と比較するとこの様に川に葦が茂るなどということ
  はごく最近の現象ではないかと思います。山間地といえども河川の周辺の環境の変化があるので
  しょう。
 ・今日は、河川や耕作地沿いの共有道の清掃活動のグループで共有道の草刈りと川の葦刈を行いま
  した。朝8時に集合して道の草刈は予定の区域をすべて終了し、休憩の後栗ヶ畑川の入り口(柴
  北川への合流地点)に移動しました。川を見下ろすと一面に葦が茂り刈り倒しはなかなか大変な
  状況です、全員で1時間程度葦の刈り倒しを行い今日の作業を終了しました。
 ・作業の後、栗ヶ畑神社の境内に集まりアルコールと共に昼食を食べながら雑談を楽しみ、その後
  解散となりました。今日はメバーのうち数名が所用で参加できなくて10名の参加でした。

戻る