栗ヶ畑川のホタル
河川を舞うホタル

[河川を舞うホタル]
河川を舞うホタル

[河川を舞うホタル]
河川を舞うホタル

[河川を舞うホタル]
1 スライドで見る

2 2013年05月30日のメモ
 ・梅雨入りして、気温も高めなので栗ヶ畑川のホタル観察に出かけました。
  今年は昨年と比較してまだホタルの数が少ない様です、それでも河川の
  周辺を結構多くのホタルが舞っており、観ていても飽きませんでした。
 ・前回は様子見で河川に出かけた為、三脚も小さいタイプしか持っていか
  なかったが今回はカメラに合った丈夫な三脚で撮影したので背景のぶれ
  もない写真が撮れました。
 ・参考までにカメラでホタルを撮影する条件を簡単に記載します。
  (1)最近の一般的デジカメはほとんどが条件を自動で設定するタイプです
   ので、このままでホタルを撮影してもほとんどホタルは写りません。
  (2)ホタルを撮影するには、撮影条件を手動で設定出来るカメラが必須で
   す。
  (3)カメラの撮影条件には、ISO、絞り(F値)、シャッター速度があります
   が通常の撮影ですとISO=100〜500、絞り=4-20、シャッター速度=1/30
   〜1/500秒が一般的ですが、このページの一番左の写真の場合
   ISO=500、絞り=4.5、シャッター速度=60秒、撮影時刻=19時45分
   シャターは60秒間解放しますのでバルブ撮影の出来るカメラと三脚が必
   要です、バルブ撮影の無いカメラの場合手動設定で最大の条件を選ぶと
   撮影出来ます(通常30秒ぐらい可能か)
   このページの右端の写真場合、
   ISO=800、絞り=4.5、シャッター速度=250秒、撮影時刻=20時30分
   ISOを高くすると感度は上がりますがノイズも多くなりますので注意が
   必要です。

戻る