今回の遺跡調査で出土した弥生時代の土器、窯を使わずに 800℃ぐらいで焼かれた素焼きのやきものとの事。