Last UpDate May,6 2000
2000年GWファミリーキャンプ

 メンバー:
   泰 (何もしない隊長)
   妙子(参謀)
   峻 (高1 副参謀=父親代行
   嶺 (小6、無職)
   藍 (小4、企画・食料担当)

 日 程:
   2000 5/3〜5 


 今年のGWキャンプは2年前のGWに行った 長崎県と佐賀県の県境にある多良岳の麓の轟峡キャンプ村を 末っ子の藍が早々と自分で電話予約してしまった。

 安いバンガローがあり、水がきれいで、何より「とかちゃん」(とかげ) と遊べるのが魅力らしい。
 うまくすれば今年も山女が釣れるかも!?


5/3
 5時15分頃出発、家の近くのコンビニで朝食の買出しをしてから高速速見ICへ向かう。

 大分自動車道、長崎自動車道を走り、混雑する佐世保分岐を過ぎた大村湾SAで朝食にする。
 一昨年は川登PAに寄ったところ、渋滞する車の列でなかなか本線へ戻れず苦労した。一応「学習」はしているのだ。

 諌早インターチェンジで一般道へ下りたあと、迷うことなく高来町へ。
 一昨年は轟峡山開きとぶつかり45分ほど足止めをくらったが、今年はもう山開きは終わっていた。10時半頃、轟峡入り口で環境保護協力金名目で300円を徴収される。





 轟峡は自然がいっぱいである。

 左写真のマムシ草がいっぱい生えていたり、
下写真のような虫もいる。

 悪い虫もいるようで、左薬指の付け根あたりが腫れてしまった。
(写真の虫ではありません。虫の名誉のため)
 
  
 広場の大きなクスの木の上の方には鳥の巣があった。


 かなへびも人なつっこい


帰りには何故か車の中にヤモリまで居た
 
 渓流も澄み切っている。
 さすが日本の名水100選に選ばれただけのことはある。

 今年も茶屋で名水のお茶を飲みながら「水まんじゅう」をいただいた。
 暇なのでロープワークを勉強。

 子供たちに"もやい結び"(ブーリンノット)を教える。

 嶺の飲み込みが速いので、嶺にだけ
"かこ結び"(インクノット)や"8の字結び"(エイトノット)なども教える
 
  
 
 ひとしきり遊んだら。
 晩御飯の準備

 おにいちゃんが野菜を刻み、
 藍は飯盒のお米研ぎ

   晩御飯は定番のBBQだが、今年は一味違う。

 メインディッシュは猪肉である。

 パソコンのセッティングをしてあげた御礼にと
近所の方からいただいたもの。
 ご主人が撃ってきたもののようだ。


 おいしい。うちの家族はみな猪肉が大好きである。


5/4
 今日は銀鈴渓ルート散策である。  渓谷沿いにわずかな踏み跡を辿る。

      たぬきを見かけた。


 うっそうとした樹木に覆われているが、ときどき木漏れ日が射す。
 沢に下りて遊んだり、持ってきたおやつを食べたり、我が家族以外人はいないので、のんびりゆったり、自然を満喫。

 突然、踏み跡を見失いしばらくうろうろするが、踏み跡は渓を渡って対岸に続いていた。

 対岸に渡るとすぐに道路に出る。この道路もここらへんで行き止まりである。


 帰りは沢沿いでなく道路を歩いて帰る。

 高校1年の長男も珍しくお母さんや妹とお手々繋いで楽しそうに歩いてる



 午後に再度銀鈴渓に、今度は釣竿を持って出かける。
 山女とは異なる小さな魚がよく釣れるが、目当ての山女が全く釣れない。いないのかも

 あきらめて下り始めると、藍が「あっ、山女」と指差す。確かに山女が悠然と泳いでいる。
 2匹、3匹。 20cmまではないが、16〜7cmぐらいか。


 結局、山女は釣れたのか? それは内緒。


5/5
 「月の引力が見える町」太良町経由で帰る。


 途中で貝のBBQを食べる。


 さざえ、にし貝、あげまき、牡蠣

 海を見ながら、新鮮な自然の味覚を腹いっぱい堪能する



 今年のGWも天気にめぐまれ、楽しく家族で過ごすことができました。



泰山のホームページへ コアラのホームページへ