Last Update Sep 5, 1999(説明追加)
            Sep 1, 1999(初出)
初めての韓国旅行 第2日目(8月30日)


朝9時にロビーに集合して、朝ご飯を食べに外出。
ホテルの裏のビルにお粥をたべさせてくれるところがあると聞いていたので、 そこを探すが見つけられない。
結局手近な一般食堂へ入る。ハングルはわからないので、メニューの写真を指差して注文する。
テールスープのようなものにご飯をぶっこんだスープご飯をキムチと一緒に食べる。
これがおいしい。昨夜に続いてまた満腹となる。
日本のねこまんまはご飯に汁をかけるが、韓国では汁にご飯をぶっこむ
腹ごなしに散歩。

ビルの上から3階のところに人が何人もロープにぶら下がっているのがわかりますか。
窓掃除をやっているのですが、命綱なしで懸垂下降用ロープ1本にぶらさがっています

まだまだ人命が安いのでしょうか。
我々の泊まったマンハッタンホテル

玄関入り口は改装されてきれいになっています。
中もまあまあでした。

私とK先生の部屋はよかったのですが、他のメンバーの部屋には冷蔵庫がなかったり、 水漏れしてたりした部屋もあったようです。


バスルームにシャワーカーテンがないのには、困った。 (手入れされていないのではなくもともとカーテンの設備がないのだ)
インターネット集賢殿の方々が10時半にホテルに来られる。
我々12人を4台の車に分乗させてくれて、2002ワールドカップの開会式と準決勝が行われる予定の まだ建設中のソウルスタジアム(仮称)に案内してくださる。
名称募集中だそうです。
ソウルスタジアム(仮称)の完成予想図

位置      ソウル特別市麻浦区上岩地区
敷地面積    6万5555坪(主競技場及び補助競技場)
収容規模    6万3930席
建築構造    観覧席−P.C構造
        屋根−鉄骨トラス+鋼線+膜構造
屋根設置    全体観覧席の93%
        (VIP・プレス席・障害者席の100%)
グラウンド規格 105×68m 天然芝生
市民便宜施設  文化・体育・商業施設(1万80坪)
駐 車 場   2735台(大会時 5,000台追加)
以上、ソウル特別市のパンフレットより

芝生は品種選定中らしいが、やっぱり高麗芝がいいらしい
建設中のスタジアム
工事進捗度16%

推進日程
1998.11     工事着工
2001.12     工事完工
2002.1〜2002.5 試運転及び示範演技
2002.6     開会式及び開幕戦
全施設が完成するのは2050年というから遠大な計画である。
ワールドカップだけが目的ではなく、市民、国民のための施設造りである。

ワールドカップ競技場と近隣地域の開発を通じて「21世紀新ソウルタウン」を建設し、そのため 蘭芝島・上岩地区発展 50年構想の段階別課題を樹立・推進する。
  とパンフレットに書いてありました。
副責任者の方からていねいな説明のあった会議室。この建物の外見はバラックの飯場のようだが、中は写真のように 自動化されたプレゼンテーションルームであった。

日本語ビデオによる説明もあった。

韓国では
のことをというようだ

競技場を上から見れば 凧 に見えるらしい
三宝(Sambo)コンピュータの会議室に車で移動する。
コンピュータメーカーの幹部との懇談会だと聞いていたから少し緊張。
三宝と言えば、あの「e−one」を作ったメーカーである。
だが、実際はSamboの会議室を借りてただけで、インターネット集賢殿の方々との交流会であった。
ほとんどの方が70歳を超えてらっしゃるようだが、全員がそれぞれ各自のホームページを 作っているそうである

そしてほぼ全員が日本語を話せる。
全員がひとりずつ自己紹介したあと、地下の食堂に会場を移して昼食会
ここでもスープご飯であった。
インターネット集賢殿の方々にホテルまで送っていただいて解散。





安さんと合流し、景福宮の中にある国立民俗博物館へ行く。
正確にはなんだかわからないが、かかしがいっぱい。
かかしコンクールのようなものをやっているようだ。



博物館の中は撮影禁止。
昔の貴族と庶民の生活様式や食文化が展示されていて興味深かった。
暗くて何の写真かわからないだろうが、博物館を出て歩いていると急に土砂降りとなり、 建春門で雨宿りしているところである。
1時間もこうしていただろうか。小降りになったので傘をさして歩きだす。
どこを歩いているのかわからないが、団長のハルさんについて、骨董品屋街のようなところを 通って明洞へ行く。
韓定食を食べさせてくれるところを探すが見つからない。結局また焼肉屋へ。
ブルコギ骨付きカルビたこ鍋を食べる。

またまた一人二人前ぐらいずつを食べて、満腹満腹。


このあと、南大門市場を歩き、タクシーで汝矣島へ戻って大韓生命63ビル59階展望パブへ。
またたきの少ない静かな夜景を堪能しました。(600万ドルの夜景というんだって)

11時過ぎにホテルへ帰って、昨夜より気合を入れて百聞一見にレポートをアップします。
あけみちゃんmieさんはがんばっていたけど、男性陣はすでにダウンしていました。
戻る

第1日目 第2日目 第3日目