トピックス  奥豊後ガイド  ギャラリー奥豊後  三郎プロジェクト  石仏と石橋  輝いちょんし  それホント?  奥嶽小僧の部屋
奥の奥豊後TOP 



大分は最高の漁場がここかしこに

 「奥の奥豊後=九州のチベット=山の中」に住んでいると言われる奥嶽小僧ではあるが,趣味は釣り,それも渓流釣りだけではなく海釣りもこよなく愛す。
 その奥嶽小僧が忙しい年の瀬に海釣りを強行。今回のターゲットは「関アジ・関サバ」。
 緒方の山の中に住む小僧は午前4時40分に家を出て大分市日吉原公共埠頭に向かう。途中釣具やのイブで仕掛けを購入。
 午前6時30分,友人のT氏とA氏の3人で乗合船「第八慶積丸」に乗り込む。この乗合船はえさ,氷などすべて込みで1人1万円。さて,1万円分楽しめるか?


 夜明け前の海は穏やかで神々しささえ感じる。漁場に向かうひと時は眼前の暗く濃い海,その向こうに見える大分の山並みを見つめ心の高まりを味わう最高の瞬間でもある。
 船はすごいスピードで沖に飛び出ていく。後を追うように何十艘もの船が幾百の釣り人を乗せてついて来る。沖に出るにつれ次第に波が高くなってくる。船先は波を突き破りバシィと音を立てたかと思うと無数のしぶきがふりかかってくる。あわててライフジャケットの風防をかぶる。


 今日の漁場は大在公共埠頭からそれほど離れていない別府湾内といえる場所だった。佐賀関の馬場の瀬あたりは食いが悪いらしい。
  ここだと,水深40M前後で釣れるから釣るのは楽である。なんといっても,小僧は電動リールを否定し手巻きにこだわる人間なのだ。苦労して手で巻くあの苦しさと喜びは何物にもかえがたい。
←静かに闘志をたぎらせるT氏




さて釣果はいかに?

 午前7時15分。いよいよ仕掛けを投入。仕掛けはいたって簡単。「関アジ・関サバ」用のしかけ(大分ではどこでも手に入るサビキ釣りのしかけ)にえさのジャンボ(コマセ)を入れる100号の金かごをつけるだけ。
 水深40Mで止めて大きくしゃくるとすぐに竿にカツンカツンとあたりがきた。10秒ほど待って「追い食い」をさせ慎重に巻き上げる。うーん,引きがいい。これはサバかな?しかし,船長の話では昨日はこの船全体でサバは3尾しかあがらなかったという。


 今年は暖冬のせいで水温が下がらずなかなかサバが入ってこないらしい。しかし,ここ数日気温が下がってきたから期待は持てる。
 リールを巻き終えいよいよ魚を抜き上げる。やりー!一発目からサバをゲット。この時期のサバは脂がのっていてうまいぞー。そうそう,関東のほうでは生のサバは食べないそうだが,ここ大分では関サバの刺身がもっとも美味いと喜ばれているのです。歯ごたえよし,甘味よし。魚屋では結構な値段で売られている。

 遊漁船が200艘ほど出ていた。どの船もアジ・サバを魚群探知機でさがし追い掛け回す。
 船と船がぶつからないのが不思議なくらい混み合っている。

 この日は次から次にアジ,サバがあがるあがる。ちょっと長く追い食いさせるとサビキ仕掛けに4尾も5尾もついてあがってくる。ひゃー,大漁だー!!!。
 小僧の両脇の2人は電動リールで楽々とアジ・サバをあげているが,こっちはヒーヒーいいながらリールを巻いてあげるのだからきついきつい。腕が疲れてしびれてきた。クーラーには氷が見えないほど魚があふれている。
 そして12時前には3人ともクーラーいっぱい,もう入らない状態になり納竿。大漁,大満足,大疲労の釣行となった。
 家にたどり着くと近所に魚を配って回る。親戚に車で持っていく。なんとか処分して一安心。はー疲れた。
 おっと,入道さん方もっちいかんかった。しょがねえ,明日,モイカをもっちいくきな。

奥の奥豊後TOPページへ