豊後の国「小藩分立」マップと解説



 幕末段階において、県下の支配形態は8藩7領であった。その城地と領主 領知高(朱印高)を整理しておくと、中津( 奥平氏 10万石)、杵築( 能見松平氏 3.2万石)、 日出(ひじ)( 木下氏 2.5万石)、府内( 大給松平氏 2.12万石)、森( 久留島氏 1.25万石)、臼杵( 稲葉氏 5万石余)、佐伯( 毛利氏 2万石)、岡( 中川氏 7万石)の大分県下に城地をもつ8藩と、他国に城地をもち大分県下に 陣屋 などを置いた 島原藩 領( 深溝(ふこうず)松平氏 高田 2.75万石余) 延岡藩 領( 内藤氏 千歳(せんざい) 2.06万石) 熊本藩 領(細川氏 鶴崎 2.1万石余)という他国領がある。
 他に、かつての中津藩主小笠原氏の一族で、元禄12年(1699)から宇佐郡時枝村(宇佐市)に陣屋を置いた 旗本 小笠原氏(0.5万石)、寛永19年(1642)日出藩木下氏から分家し速見郡立石(山香町)に陣屋を置いた旗本木下氏(0.5万石)、正保3年(1646)に幕府から寄進された 宇佐宮神領 (0.1万石)という領地もあった。
 さらに、 分知領 として 杵築藩 分知(0.3万石)、 府内藩 分知(0.15万石)、 森藩 分知(0.1万石)があり、当主は旗本に列せられていた。
 そして、九州の幕府領支配の中心として幕末期には九州7か国で16万5,000石を管轄していた西国筋郡代役所の直支配地、島原藩 佐伯藩 預け地が9万4,000石余あった。まさに「 小藩分立 」である。
 こうした諸藩領の領地も一円的に存在しているのではなく、あたかも犬の牙のように入り乱れていることから「犬牙 錯綜(さくそう)」と表現される。こうした、所領の存在形態が、各藩の城下町経営を困難にさせる一因でもあった。
                         (「obs歴史事典」より)

奥の奥豊後TOPページへ