☆ ★ ☆  植毛教室 ☆ ★ ☆
1998年11月14日〜2001年3月頃に当時のリクエストに答えて作成したページです


リクエストにお答えして、私のやってる植毛方法をお教えします。
かなり自己流なところもありますし、もっと良い方法もあると思いますので
後は自分で頑張ること!!。失敗しても責任はとれません。

1.材料と道具を揃える(11/14/1998)(特殊なものはありません)


人形用の髪(ここでは人形用のカツラを使います)
長めで糸通しが大きめの針(今はぬいぐるみ用の針のセットが出ていますので
それがよいかも)
指貫(針を押しこむときにこれがあると、指の負担がへります。)
人形の頭、はさみ、先の曲がったピンセット

2.元の髪を抜く(手早くやれば30分)
まず元の髪を出来るだけ短く切ります。


次に首の中からピンセット(先端が曲がったものがベスト)で抜きます。
 

抜くときはピンセットを中から頭皮に添ってぐりぐり回すと良く抜けます。
  (実際やってみるとコツがわかってきます)
 

首の中から髪を取り出して、抜き残した髪を外から抜きます。
この方法で、だいたい30分以内には抜き終えると思います。

3.髪を整える(12/16/1998)(植毛中何度も繰り返す)
植毛に使う髪の長さを整えて、水にぬらし、一度に植える分を分けておきます。
  (これは植えながら何度も繰り返します)

4.植毛開始(12/16/1998)(詰めてやれば8時間ぐらい、でも3日ぐらいはかかるかも)
@元の髪の穴に渦巻き状に植えて行く
    まず、髪の毛を二つ折りにして真中をループさせた状態で針に通します。


一針目外側からループが抜けないように気をつけて首の穴に通す。
   (指貫は人差し指につけて針を刺し込む時に使います。これがあると
   指への負担がかなり減ります)

ニ針目以降は前のループをくぐらせるようにして植えていきます
ループをくぐらせては前の髪を外から引く繰り返しです。
 

首の内側から植毛した部分を見たところ。鎖編みの様です

一度手を止めるときも、針をループに通して首から出しておけば大丈夫です

A頭頂部の分け目の植え方。1/15/1999
まず片方に倒す分を決めて植えます(植え終わったら一度ゴムでくくる)


次に反対側の髪を、先に植えた方の間にまんべんなく植えます。
 

2列の髪が混ざり合わないように注意してください。
混ざってしまったら、針の先を使って少しずつ真中からより分けなくてはならな
くなります。

追加・最後の留めの方法図(3/8/2001)
植毛の終わりはいつもより多めの髪を針の目にループさせずに
通して頭の外側から内側へ差し込み、前のループを通します。
内側に玉結びを作って、また外側へ引っ張り出します
コレで簡単には抜けません。わかるかな?(下図)
 


この後お湯パーマをして髪型を整えると完成(1/15/1999)

髪を濡らして目の細い櫛などを使っって、整えます。
買った時についていたビニールの輪をかぶせて、お湯パーマです。
この場合ショートヘアにする予定なのでゴムはつけたままですが
ロングにする時は外してください。
その上を更にさらし布とかハンカチ、ティッシュでもいいですけど
なべに直接触れないような工夫をしないと髪がちぢれることがあります。


あとは首をたてて、何時間かそのままにして外し、好きなように
髪型を整えてください。

TOP PAGEへ戻る