本建物の屋根は、なんといっても格式高い外観であり、威風堂々としたそのファサードは、これが 温泉建築であるとは想像にもおよばない。また、入母屋造りの裳階付きや寄せ棟造りの変化に富んだ 母屋の屋根と玄関にかけられた唐破風造りの屋根とが、さまざまな表情を演出する。
 内部の構成は、主として、1階がホールと砂湯、男湯、女湯であり、2階が格子天井の大広間で、 現在は公民館に使用されているが、当時は、湯治客の憩いの場として賑わっていた。
 

竹瓦温泉について
竹瓦温泉の歴史
竹瓦温泉の建築
竹瓦温泉写真館
竹瓦倶楽部について
竹瓦倶楽部の活動
竹瓦倶楽部入会案内
リンクおよび参考資料
 
トップに戻る