別府B級グルメとは?
=別府人が大好きな「安くて・美味しくて・人の顔が見える
  食べ物」のことです。

別府B級魂とは?
=B級グルメと楽しいコトが大好きな別府人の生活信条です。

 

基礎データ

■お店の名前 お食事処 なかはる
(中晴鮮魚店)
■B級グルメの名称 心のこもった魚屋さんの味
   「なかはる」の天丼と日替わり
■住所 別府市中央町2−20
■営業時間 昼11:30〜2:30 夜6:00〜11:00
■定休日 水曜日
■電話番号 0977-22-1027
■地図 観光マップへ
■入り口段差 段差がある
■車椅子トイレ なし

 

紹介文


  流川通りデオデオ向かいの北裏通りに「お食事処なかはる」はある。寡黙なご主人と元気のよい奥さんとで切り盛 りしている店内は、すごく忙しそうで築地の食堂街のイメージがある。鮮魚店も同時経営していて新鮮な材料には定評がある。ご主人は稼業のかたわら長年「とよ常」で修行して開店した経緯をもつ。
まず全体的に衣が薄くエビの大きさ(太さ)に感動。他店では衣をたっぷりつけてこれの2倍の大きさにするのではなかろうか。大きなエビが2本、ナス、ピーマン、インゲン、かぼちゃに人参となかなかのボリュームかつ衣薄でヘルシー。味は、ほのかなゴマの香りに甘いつゆであり、甘辛くではない。
ワカメのお味噌汁は長寿みそを使い、生姜とかつお節の効いた冷ややっこ、お漬物が主役を的確にサポートする様は実に清々しい。。
 しかもこれだけの質、量でたったのワンコイン!500円。信じがたい事実で採算を無視している姿に真のB級グルメの真髄を垣間見せる。
 一つとても感心したのは、エビの処理だが、尻尾までキレイに食べられるように丁寧にカツカツに皮を剥いてくれているのである。さすがは魚屋さん、他ではマネはできまい。プリプリとして噛み応えのあるエビと相まって感動してしまった。
 そう「親切」なのだ!
他にも名物はアナゴ一匹丸ごと天丼900円がお勧め。
マグロの漬け丼、さしみ、煮付け魚、カキフライ、南蛮漬けなどの『日替わり定食』600円も驚きの安さ。

 

プリントアウト用PDF
 
おでかけの際は、印刷して出かけよう!
 


よろしくね! 

  別府B級魂マスコット
 「Bグルくん」

別府市北浜1−12−1
特定非営利活動法人
別府八湯トラスト

yasuo@yukemuri.net