三重東クリニック


last up date
2021/4/23
   

since Sep.2010


標榜診療科目
内科
循環器内科
小児科

診療受付
月〜土曜
(水・土は午前)

午前
内科・循環器内科・小児科
8:30〜12:00

午後
内科・循環器内科
13:30〜17:00
小児科
15:00〜18:30

休診日
日曜・祝日・年末年始



→小児科自動順番予約システムへ

■社会医療法人
 関愛会

■関愛会 清川診療所


<検査情報>
下記の検査が出来ます。
血液検査など、当日に検査結果をご説明できる検査が多いので、スタッフにご相談ください。

  • MRI検査
  • ヘリカルCT検査
  • 骨密度検査
  • エコー検査
  • 睡眠時無呼吸症候群検査(SAS)
  • 胃内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査
  • ホルター検査(24時間心電図)
  • 頸動脈エコー、血圧脈波検査
  • 各種血液検査
  • その他
     各種予防接種、訪問診療、禁煙外来、もの忘れ外来、肺機能検査、心電図検査、便潜血検査

    〒879-7104
    豊後大野市三重町小坂4109-61
    TEL 0974-22-6333
    FAX 0974-22-6341

    ■統括管理者・院長
    内科
    宇都宮 健志
    ■副院長
    内科
    飯尾 文昭
    ■内科医長
    循環器内科
    木﨑 佑介
    ■副院長
    小児科
    別府 幹庸

    ■清川診療所
    院長
    内科
    坪山明寛
    (水曜午前)

    関連施設
  • 清川診療所
  • きよかわリハビリテーションセンター もみの木
  • 三重東介護サポートセンター 三つ葉(三重東クリニック内)
     介護に関するご相談を承っています
     0974-22-7715

  •  



     → 医師のプロフィールです Click!





    お知らせ

  • 飯尾先生休診のお知らせ
     6月14日(月)を休診いたします。

  • 院内トリアージ実施料の算定について
     厚生労働省からの通達に基づき、「発熱や感染症状」で受診された患者様への診察料金には、車内で待機していただき、「院内トリアージ実施料(300点)」を算定させていただくことになります。(3割負担の方は900円、1割の方は300円)
     院内トリアージとは、他の患者様と導線を分ける診察対応や検体採取時に院内感染予防策を講じたうえでの診察や検査を実施することです。
     どうぞご理解のうえよろしくお願いいたします。

  • 新型コロナウイルス感染症の予防接種を安心して受けるために
     日本医師会より、ワクチン接種をかかりつけ医で安心して受けるためのQ&Aが届きました。
     ご参考になればと思います。
     詳細はココをClick !  新型コロナウイルス感染症の予防接種を安心して受けるために(pdf)

  • 小児科診療時間の変更のお知らせ
     小児科はこれまで発熱(かぜ症状の患者様と通常・予防接種の患者様の時間帯を分けて診療していましたが、3月15日より時間帯を分けずに診療いたします。
     なお、発熱(かぜ症状)患者様はこれまで通り車で待機していただきますので、クリニックに着いたら電話連絡をお願いいたします。

  • 新型コロナウイルスPCR検査のご案内
     当院では、内科・小児科で新型コロナウイルスPCR検査をおこなっています。
     内科・小児科とも、症状のある方と分けて診療をおこなっていますので、安心してお越し下さい。
     症状のある方は保険診療ですが、症状のない方は自費診療も可能です。
     検査結果は来院時に判明いたします。
     自費診療の検査料金は、19,800円(税込)です。
     陰性証明書が必要な方は、受付でお申し出ください。別途料金は1,100円(税込)です。
     保険診療・自費診療とも保険証をご持参ください。
     詳細はココをClick !  新型コロナウイルスPCR検査のご案内(pdf)

  • 新型コロナウイルス感染症について ※重要
     患者さまへのお願いです。
     発熱や咳などの症状のある方は、車で待機していただくようになりました。
     看護師が問診にお伺いいたしますので、お名前、車のナンバー、携帯電話の番号を受付までお伝えください。
     ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 宇都宮医師の訪問診療について
     第2・第4の火曜日、午後については、訪問診療で不在となりますのでお知らせいたします。

  • <検査情報>
     血液検査など、当日に検査結果をご説明できる検査が多いので、スタッフにご相談ください。
     MRI検査、ヘリカルCT検査、骨密度検査、エコー検査、睡眠時無呼吸症候群検査(SAS)、胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査、
     ホルター検査(24時間心電図)、頸動脈エコー、血圧脈波検査、各種血液検査、その他、
     各種予防接種、禁煙外来、もの忘れ外来、肺機能検査、心電図検査、便潜血検査

  • 小児科での受診はWEB予約をお願いいたします。
     予防接種の際は必ず「母子手帳」をご持参ください。


  • 清川診療所は坪山明寛医師が月曜日から金曜日まで診療いたしますが、水曜日の午前は三重東クリニックで診療(完全予約)いたします。


  • 予防接種等自費料金(接種名称・料金・ワクチン名)。予約制です。

    接種名称 料金ワクチン名
    🍒インフルエンザ 1回目 3,600円インフルエンザワクチン
    🍒 2回目 2,600円(小児)
    🌿おたふくかぜワクチン 5,500円
    🌱水痘ワクチン 7,100円
    🍒麻疹風疹混合ワクチン 9,800円MRワクチン
    🌴子宮頸がんワクチン(二価)16,200円サーバリックス
    🌵子宮頸がんワクチン(四価)16,200円ガーダシル
    🍓肺炎球菌ワクチン(十三価)10,300円プレベナー
    🍏ヒブワクチン7,800円アクトヒブ
    🍑肺炎球菌ワクチン(二十三価)8,300円ニューモバックス
    🌷二種混合ワクチン4,700円DTビック
    🌸日本脳炎ワクチン6,800円
    🌼BCGワクチン6,500円
    🌺ロタウィルスワクチン(1価)13,400円ロタリックス
    🌈ロタウィルスワクチン(5価)8,500円ロタテック
    🌿B型肝炎ワクチン(0.25ml)5,000円ビームゲン
    🌱B型肝炎ワクチン(0.5ml)5,000円ヘプタバックス
    🍒A型肝炎ワクチン7,000円エームゲン
    🌴上活化ポリオワクチン8,300円
    🍓四種混合ワクチン10,300円
    🍏血液型検査(自費)2,200円


  • 健康診断、特定健診を実施しています。
     法定健康診断 Aコース 7,000円(消費税込) 35歳、および40歳以上の方が対象となります。
     法定健康診断 Bコース 4,000円(消費税込) 34歳以下、および36歳〜39歳の方が対象となります。
     予約が必要ですので、ご連絡ください。


    ■広報誌 ひがしの空から 〜幸せな人生へのお手伝い〜
     2021年春号 /  2020年秋号 /


    ■甲斐ジムチョーの読書日記  


    ■患者さまからの声


    ■アクセス


    ■スタッフのエッセイ集です
    過去記事: /2020年(12篇) /2019年(12篇) /2018年(13篇) /2017年(17篇) /2016年(18篇) /2015年(17篇) /2014年(19篇) /2013年(17篇) /2010年〜2012年(41篇)

    ■「弾む子と花」清川診療所 所長 坪山明寛 2021.4.19
    ■「ワクチンを打って」清川診療所 所長 坪山明寛 2021.3.22
    ■「ハーモニカの手習い」清川診療所 所長 坪山明寛 2021.2.15
    ■「『蜘蛛の糸』に学ぶ」清川診療所 所長 坪山明寛 2021.1.18






    2021年4月19日(月)
    「弾む子と花」 清川診療所 所長 坪山明寛 

      「先生 予防接種です」看護師の声。
     うん?コロナはまだだな・・・インフルエンザは終わったな・・・ああ肺炎球菌か。えっ違うの??
     「〇〇ちゃんです」ああ、あの子か。診療所に子供が来るのは滅多にない。風邪ひきさんか予防接種の子がたま~に来る。そんな時私はなぜか嬉しくなる。
     私は医学部卒業したら小児科医になるつもりだった。国家試験合格して登録医として研修が始まる時に、小児科教授に入局願いもした。しかし人生は糾(あざな)える縄の如し、予定が立たないのが人生。一人の患者さんの死がきっかけで内科医になった。後悔はしていないし、子どもと触れ合うのは大好きだ。特に高齢の今、子供との語り合いや遊びが愉快だ。何故か?「弾む」からだ。子供と触れ合うと、心がウキウキ弾む。そうそうもう一つある、それは子供と戯れていると「驚き」を見られるからだ。
     〇〇ちゃんの診察時にも、大いなる驚きをみて心が弾んだ。この子は診察室の道具に好奇心旺盛。この日は聴力測定用の音叉に興味がいった。「これ何?」と聞いたので、遊びで聴力検査した。勿論この子の聴力は正常だった。私に遊び心が生まれ、ちょっとからかってみようと、閉眼させ音叉を左側の方から頭の上の方に移動させた。なんとこの子は、音叉の移動する方向に従って左手を動かし頭頂部で止まった。いや~驚いた。6歳児の聴力、育ち盛りの能力の高さに驚き心が弾んだ。愉快な心の弾みのお蔭で、一日の診療を疲れもなく終えられた。
     弾むといえば、我が家の庭に弾む花が咲いた。こでまりの花だ。
     果てもなきこでまり風の遊びかな 明寛
    しかし今年は花数が少ない。昨年原因不明でほとんど枯れて、細い1本だけになってしまったのだ。昨年4月コデマリの枝を貰い挿し木にした。今年は挿し木にも7個の花が咲いた。本当に嬉しかった。大切に育てて、また大きなコデマリ家族にしたいと思っている。
    何故にコデマリが好きなのか、可愛いのは言わずもがなだが、弾むからだ。微風にゆらぎ弾み、近づくと喜ぶかのように弾む。しかも群れて、一斉に弾むところがまたいいのだ。
     コデマリのちょっとした風や気配に反応して弾む、その素直さ柔軟さを好んでいるのだと自分では思っている。
     人は自分にないものを欲しがるものだ。私は、家族から頑固だと思われている。確かにそういう一面もあると自分でも認識している。
     私の頑固は、自分の意見を曲げないという点で発揮されると思う。曲げることを許したくない気持ちが強いのだ。
    To error is human,to forgive diven.(過ちは人の常、赦すは神の業<アレキサンダー・ポープ>)の名言があるが、私が頑固なのは赦すという神の次元の話ではなく、認められないという意味での許さないという頑固さだ。そういう意味で上司の命に従わなかったことは、これまで幾度かあったし、家族の意見を認めないこともある。勿論後悔後に立たずだが、そんな自分に嫌気がさすこともあった。
     医療の世界は、苦しみや悩みや寂しさなどを抱えている人に誠心誠意応対する世界だ。そういう人々に触れ合う時に、自分としてはあのコデマリの揺らぐ姿を心に思い描き、自分の奥底に潜む頑固さを少しでも宥めてきたように思う。コデマリの素直に反応し弾む姿がたまらなく好ましく思えるのだ。
     人はいろいろなことを学びの対象にする。私の医療観は、患者さんとの対話は勿論だが、子どもやコデマリのような自然の風物から学んだことが多い気がしている。
     コロナ禍で人は語りあう時間と場所を奪われている。診療所は対話を通じて可能な限り病む人の癒しの場でありたいと思っている。



    2021年3月22日(月)
    「ワクチンを打って」 清川診療所 所長 坪山明寛 

       ワクチン後待つ15分春愁い 明寛
     3月9日15時5分、新型コロナワクチン0.3mlが、左上腕の肩から3㎝ほど下の三頭筋に直角に刺さった針から注入された。あっという間で痛みはほとんど感じなかった。
     新型コロナウイルスが人の細胞に感染する鍵であるスパイクタンパク(トゲ)を作る遺伝子(mRNA)が、私の体に遂にはいったのだ。
     ここで説明しておきたいのは、なぜ筋肉注射なのか?ということだ。その理由は、筋肉は血流が豊富で、ウイルスを攻撃する抗体を作る免疫細胞が皮下より多いからだ。
     さて接種後、これまでアナフィラキシー(強いアレルギー)を起こしたことがない私は、15分間異常がないか様子を見る必要があった。報告では、最も心配なアナフィラキシー発生は15分以内が70%となっているのだ。待合室で時計をにらみながらじっと待っていた。医師としてワクチンのことを学び、大丈夫とは思っていたが、人類が初めての仕組で作ったワクチンであり、20万人に1人はアナフィラキシー発生の報告があるので、ワクチンへの期待とともに、何も起こらないことを願っていた。先の俳句は、大丈夫とは思うが一抹の不安も覚えた気持ちを表した一句だ。
     待ち時間でワクチンの行方も考えていた。体内に入ったウイルスのスパイク作成遺伝子は、免疫細胞に到着しただろうか?遺伝子はスパイクを作る装置に指示を与えるだろうか?頑張ってくれ~などと。ちなみに注射されたウイルス遺伝子(mRNA)は、数日内で壊れるので、その後の健康には問題は生じない。
     観察時間15分は無事に過ぎた。緊張の糸が切れホッとして帰りについた。桜はまだだったが菜の花、桃の花、連翹、辛夷がいつもより鮮やかに輝いて見えたのは、アナフィラキシーの不安が遠のいたゆとり故であろう。
        車の運転中にも、スパイクタンパク作成装置が始動し始めているのではと思い、自分の体に”怠けずに精一杯頑張れ!フレ~フレ~免疫細胞たちよ”とエールを呟いた。
     幸い特段のことはなく安眠もできた。翌日5時半に起床し背伸びしたら、注射部位に少し強い痛み(泣くほどではない)を感じた。発赤や腫れはなかった。まあ注射して筋肉を傷つけたのだからこのくらいはと思った。一緒に接種した皆も筋肉痛だけで、報告されていたような倦怠感、頭痛、発熱などはなかったのでひと安心した(よかった~)。
     この文を書いている接種後11日目も、全く体調に変化はなく普通に日常生活が出来ている。2回目接種は1回目接種後3週間後なので4月初めが予定されている。報告では倦怠感や頭痛などが、2回目の方が少し多くなるようだが、そう不安は持っていない。
     以上が医療従事者として、優先的に新型コロナワクチン接種を受けた私の体験報告である。今後一般の方々への接種も始まるにあたって、皆様方のワクチン接種の判断の一助になればと思い経過を報告した次第です。
     ワクチンの発症予防効果は95%で、重症化予防効果も90%以上となっていること、不安な有害事象(ショックなど)についても適切な薬剤使用で対応可能となっていることを加味して考えると、ワクチン接種の有益性は高いと医師として思っている。
     これまでのマスクや三密回避などに加え、ワクチンは、コロナ感染の収束への力強い武器だ。ワクチン接種については、強制ではなく任意接種になっているが、自分のため、家族や隣人のため、人類のため、懐かしい普通の生活を取り戻すために、皆さまにはワクチン接種について熟慮をお願いしたい。
     清川診療所も住民の方々の利便性を考慮し、新型コロナワクチン接種を行うように体制づくりなど準備しているところです。
     ワクチン接種に関して、何か不明なことや・不安な点がありましたら、ご相談ください。



    2021年2月15日(月)
    「ハーモニカの手習い」 清川診療所 所長 坪山明寛 

     「ハーモニカがもうすぐ届く」との言葉が聞こえた、というより突然耳に飛び込んだ。診察室で診療の合間にだ。この言葉を発した人は80をとうに越した媼(おうな)だ。小さい体に仏様のような優しさのにじみ出たお顔の媼だ。「えっどういうこと?」と尋ねた。「コロナでどこにも行けないし、誰も遊びに来なくて暇なので、ハーモニカを始めようと思い、注文した」との話だった。
     いや~驚くというより感心し、マルテイン・ブーバーの「人は始める事さえ忘れなければ、いつまでも若くある」という名言を思い出した。コロナで老いの人達が、近所付合いが途絶え集会行事も中止で孤立化を深めていると心配されるなか、ハーモニカを学ぼうという媼の意欲に感銘を受けた。60の手習いどころか、80の手習いだ。学び始めることに年齢は問題ないのだから、大いに媼を褒め、いつか練習の成果を診察室で聞きたいと伝えた。ハーモニカと言えば、自分も大好きで練習したことがあったのを思い出し、机を探したらあった。早速に吹いたら、どこか懐かしい音が出たので、“う~さ~ぎおいしかのや~ま~・・”を吹いてみたがあまりうまくいかないので、プロのハーモニカ演奏をYouTubeで聴いた。いや~ハ~モニカの音色はいいと改めて思った。温もりがある、心をゆする、思い出を呼び覚ます、強くは励まさない、ゆりかごの安らぎがある・・。こういう和やかな力を感じたことがあった。テレビで一人の僧侶が般若心経を読誦していたのを聴いた時だった。毎朝出勤前に仏壇で自分が唱えているよりも、ものすごく早いリズムだったので、意味を味わう言葉ではなく不思議な音の流れであり、いつしか大きなゆらぎに包まれ心身の脱落を感じた。空海は『真言不思議 観誦無明除』(真言は不思議なり、観誦(かんじゅ)すれば無明を除く)と書いている。密教で唱える真言(呪文)を唱えれば、不安や苦が取り除かれるということだと思う。 この媼もコロナという無明故にハーモニカの癒しの音を求めたのだろう。ハーモニカの音が無明を取り除き、媼が光明を取り戻してくれることを願って診察を終えた。
     立春が過ぎ2月半ば、第二の緊急事態宣言による自粛生活や、三密回避の効果でコロナは抑制されている。コロナ感染症予防策として、三密はキャッチコピーとして人口に膾炙(かいしゃ)されているが、面白いことに密教でも三密が登場する。こっちは1200年の歴史を経てきた三密だ。即ち身密、口密、意密と言われ、密教の修行法だ。簡単に言えば、手に印を結び真言を唱え瞑想することだろうか。密教では日常生活で3密が実践されている。不思議に感じるのは、密教の3密という言葉が、このコロナ禍の現代に蘇って、日常生活で盛んに使われていることだ。
     言葉遊び的に密教の身蜜・口密・意密をコロナ感染症予防として解釈すると、身蜜は命を守り身体を清潔にすることであり、口密はお互いがルールを守ることへの感謝を言葉にすることであり、意密は心折れることなく恐れおののくことなく希望を持って今を乗り越えることとも解釈でき、空海が今のコロナ禍を予想していたとは思えないが、面白いなと思った。唯相違点があり、空海の三密は実践目標だが、現代の三密は回避目標だ。
     コロナと言えばくしゃみも憚れるが、通勤途上の杉林を見ると、花が今にも弾けそうで、少し花粉症気味なので大きなくしゃみが出た。
       大屋根もくしゃみに崩れ杉花粉  明寛
     新型コロナの予防は、不要不急の外出を避け、三密を避け、マスク着用を守ることに尽きる。さらに大きな武器としてワクチン接種が始まり光明が差してきたように思う。大勢での観梅会、観桜会は難しいが、秋の宝生寺のライトアップされた紅葉狩りは、マスクなしで賑やかに楽しめることを願いましょう。



    2021年1月18日(月)
    「『蜘蛛の糸』に学ぶ」 清川診療所 所長 坪山明寛 

     新年明けまして おめでとうございます。
     皆さま穏やかな新らしき年を迎えられたことと思います。今年も診療所・もみの木をよろしくお願い致します。
     さて今年の干支は「辛丑(かのとうし)」です。辛丑の歳は、「衰退と息吹」「困難と再生」の年と言われる。ある意味で、人類を襲っているコロナパンデミックの今を、象徴しているようだ。そう考えると、パンデミックの今は陰であるが、きっと陽、すなわちコロナ克服と普通の日常が戻ってくる歳ということになり、希望が湧き頑張れそうな気がする。
     今年も地域にある弥栄、松坂、大国神社に家族で初詣に出かけた。マスクをつけ距離を取るなど感染対策をとったが、参拝者はまばらだった。家族で御神籤をひいた。私だけが大吉だった。しかし油断大敵、気をつけなさいの戒めと肝に銘じた。ふと見ると3歳の孫が御神籤を広げて真剣に見ていた。「願い事、待ち人、学業、恋愛・・」ううん、まだあなたには関係ないでしょうと思いつつ笑った。絵馬も書きたかったが、少ない参拝者を見越して準備数を減らしたのか、売り切れだったのにはがっかりした。
       初詣おみくじ読むや三歳児 明寛
     我が家の正月も、今年は県外の家族の帰省は無く寂しかったが、市内の娘家族だけが2泊した。孫たちとカルタ取りやテイッシュペーパの空き箱で犬の操り人形を作ったり、折り紙の形状記憶を利用した水上花公園などの工作をして愉快に過ごした。
     ところで孫たちと遊んでいる中で不思議なことを感じた。カルタ取りで孫たちに負けても腹が立たないのだ。大人同士で勝負事をすると、負けたら悔しくて腹が立つ。この差はなんでだろうか・・しばらく沈思黙考していたら、ふと浮かんできたことがあった。それは孫たちを他人と見ていない自分がいたことだ。なんだか自分の分身、自分の一部のように感じている自分にきづいたのだ。負けても自分、勝っても自分なのだから、嫌な感情の湧く余地がないのだと思った。他人と思うと、自分と他人は、対立する存在となり、負けたくない、上に立ちたい気持ちが湧いてくるのは、人として当然だ。世の中の争いもそうではないか、他人、他国という対立軸で物事を処理すると、抜きつ抜かれつの争いが生まれる。対立軸の罠にはまると、人は自己保身、自己中心の考え方に陥りやすい。その結果自らは勿論、他人をも傷つけることになる。
     芥川龍之介の「蜘蛛の糸」で、罪人犍陀多(かんだだ)が、天国へと通じる蜘蛛の糸を登っている途中で、蜘蛛の糸が切れて再び地獄へ落ちたのは何故だったか。それは、犍陀多が登っている途中で下を見て、大勢の人が登ってくるの気づき、このままでは糸が切れて自分もおちると不安になり、「こら、罪人ども。この蜘蛛の糸は己のものだぞ。お前たちは一体誰に聞いてのぼって来た。下りろ。下りろ。」と叫んだからだ。犍陀多が登ってくる人を他人と対立軸の罠の中で見ないで、目の前の糸だけ見つめ糸を登ることだけに集中していたら、お釈迦さまは犍陀多を極楽に引き上げただろうと思う。
     今コロナ禍の中で、「若者が自由気ままに行動するから、感染が収まらず、高齢者が亡くなるのだ」という考えが流布されて、世代間の対立軸が生まれているが、これでは感染も収まらない。
     どうするか、老いも若きも青い地球の同じ命という立場に立って、守るべき約束事を懸命に実行することだと思う。まさに道元禅師の「利行は一法なり」(自分を利することは他を利すること、他を利することは自分を利すること)こそ、今求められていることだ。
     診療所・もみの木も、感染対策に万全を期し、ワクチン接種後に良い効果が出るまで、職員一同粉骨砕身気持ちを込めて頑張ります。







                        

    copyright
      ©Miehigashi Clinic
      all right reserved