2002.7.2


渡辺 眸 写真展 [Lotus] が開かれています
写真展の準備を手伝ってきました・・・・

 日本の女流写真家の草分けである渡辺眸さんの写真展[Lotus] が、別府の聴潮閣にあるギャラリー&レトロカフェ泉屋で開かれています。

 渡辺さんは1970年代よりインドに惹かれ、女性一人ブッダガヤに滞在し写真を撮り続けた写真家。インドで自分の見方、感じ方、生き方そのものをダイレクトに写真にしていったすごく私も当時影響を受けた人です。

 今度の写真展[Lotus]は、その渡辺さんのインドでの記憶が、宇佐八幡の原始ハスとの出会いで蘇って写真となった作品群です。

 会場でCD-ROMで上映されている彼女のインドでの写真集と同時に見ていただければ、彼女のインドから続く写真活動が理解できます。


 渡辺眸さんは7月7日まで大分に滞在するそうで、是非彼女のいるときに写真展会場に足を運ぶといいと思います。
 彼女のすごい行動力、そして感性、生き方・・・・。

彼女の写真展の実行委員のメンバー。こんな「濃い」メンバーが彼女の写真展の準備で集合しました。
大分県を代表する写真家、編集者・・・


2002年7月2日(火)〜7月14日(日)
9:00〜17:00(木曜休館)
聴潮閣・ギャラリーカフェ泉屋
主催: [Lotus]展実行委員会(石松健男・宮地泰彦・武内康訓・三浦祥子)
協力: (株)ドイテクニカルフォト・冨士写真フィルム(株)・松村亮司

詳しくは
聴潮閣ホームページ
http://www3.coara.or.jp/~chohchoh/


HOME

COARA