我輩はジュンである

 くもり
= 弁天堂完成まで =

平成19年の春ごろから佐伯建設社寺部の宮田部長さんと
和尚さんが弁天堂建設について話し始めました。
今回はそれから弁天堂完成までの僕の知っている事を
皆さんにお報せしますワン。


2008年11月22日
佐伯建設と正式契約をしてから1年が
すぎた頃、奈良から立派な製材した
木材が届いたというので
和尚さんは、現場主任と延岡の
作業場に出かけた。
2009年1月4日
内部の蓮の絵が
荏隈の新井川さんによって
描かれている
「新井川さん 上手だネ
スゴイネ 最高ダ、偉いネ…」
最上級のホメ言葉で励ますボク。
真心こめた絵が完成
この人は大分で有名な女流画家ダ。
2009年3月6日
今日は地鎮祭。
お寺の総代さんご列席のもと、
佐伯建設の社長さんや工事関係者
が集まり、厳かに式典。
浄土院で衣裳の着替えを済ませた
お寺さん達
総代さんと記念撮影です
ポチ兄と参列しようと思って
かけつけたが、副住さんから
「駄目ダ 帰りなさい」と叱られた
ポチ兄は「ハイ わかりました」で
スゴスゴ帰ろうとしたが、ボクは頑張って
みたが、やっぱり断念して帰った。
断念は残念ダ
              
 
地鎮祭の翌日から
基礎工事が始まり
石工事と続き、
三月下旬から外部足場組立
そして土台敷き、柱建てと進行。

2009年4月11日
棟上げ、餅まき
宮崎から6人の大工さん
が泊り込みで建設工事に
たずさわる。
聖徳太子さん曰く
「和を以って貴とす」
伝教大師サマ曰く
「一身弁じ難く、衆力成じ易し」と。
皆が心一つにしていい物をつくりあげようと
力を合せてガンバル姿は美しいと
ボクはつくづく思った。
2009年4月17日
今日から会館、本堂の下水工事が
網中水道によって始まる。
6月上旬に
美麗な姿を現して佐伯建設より
6月8日お寺に引き渡された。
落慶喜入佛法要は10月18日
に行なわれるとのこと。
ボクも楽しみダ。
その後、お寺のコボンちゃん達に
よって龍のヒゲや玉ジャリが敷かれ
石が敷かれて最後の仕上げ。
    おわり             
もどる    とっぷへ すこしむかしの日誌へむかしの日誌へ