我輩はジュンである

8月3日  はれ
光陰矢の如しで、
今年も残り僅かに十日ばかり。
伝教大師様は
「露體消え易し、寸暇を惜しんで修行せよ。」
とおっしゃった。



お気に入りのアンパンマンと・・・・・。

僕もしっかり頑張ろうと思うけれども、
今朝、和尚さんは鹿児島に向かってお出かけ。
和尚さんが留守だと、
どうしても惰眠が多くなる。
暇つぶしに動物の睡眠時間を調べてみた。
生まれたての赤ちゃんは
20時間以上眠るそうだ。
犬や猫は13〜14時間位眠る。
僕は標準よりちょっと長いかな?
ロッキー君はどうかナ?
弱い動物は襲われるので、
眠りも浅く覚めやすい。

シマ馬は1時間、
キリンで20分位を
立ったままで5回から10回位。

牛や山羊、ロバ、羊そして象で3時間位。
象は強いからゆっくり眠るのかと思ったら、
胃袋が巨大なので、お腹一杯のエサ集めに
時間がかかりすぎる為らしい。
強い動物のライオンは16時間ぐっすり。
コウモリも14時間。
リスは穴の中でちゃっかり14時間。
アリは土のくぼみで、
脚を体に引きつけて横になり、
3時間ぐっすり。
目が覚めると頭と6本の足を伸ばして
口を大きく開けて、アクビをするそうだ。
人間様と同じ位の8時間は、
ウサギやモグラ、豚。
ゴリラは13時間でチンパンジーは9時間。
ネズミの奴は大ちゃくにも13時間。
奥さんが洗濯物を取り込んだので、
その上に行って寝た。
ここは花の香りがファ〜っとして、
まことに気持ちが良い。
奥さんに追い立てられるまで
フテ寝するのだ。
年末寒くなったので、
皆様風邪にお気をつけて下さい。
それでは今日はこの辺で。 
                  おわり  
                 
もどる     とっぷへ