我輩はジュンである

 くもり
= 先月の続き =
12月22日晴 於 滋賀 天台宗務庁会議室
天台宗布教師会会長会議
23日昼すぎのこと。ひなたボッコをしていたら
滋賀から和尚さんが帰ってこられた。
和尚さんの部屋で留守中のことを先ずご報告。それから年末から
3月始め頃までの和尚さんの出張やらモロモロのことをまとめてみた。

     
本堂前庭で睡眼もうろうです

          
和尚さんのお部屋で神妙なボク

 12月になると正月のお札の準備で
テンテコ舞の寺内。

和尚さんの同級生が護摩木割りのご加勢。
 

いよいよ平成20年子年ともお別れ。
つらいことも悲しいこともいろいろあったけども、
乗りこえて無事に終ったことを感謝し、迎える丑年の
平安をお祈りしながら除夜の鐘。

平成21年丑年初護摩の修法を和尚さんが至誠こめて熱禱。
これから厄よけ星祭の満願日まで続けられる。


厄よけの五大明王様に今年の厄よけ祈願に毎日沢山のお参り


会社の社運隆祥や交通安全の
ご祈願のお参りが続く。
早朝からテンテコ舞ダ。

新井川さんが弁天堂の
内陣の蓮の花の絵を描きに
お寺に通っている。
「やぁ~!新井さん、上手だネ~」
    

「すばらしいネェ、最高ダ!」
ボクはちょっと時間的余裕が
出来たので新井川さんの絵につきあった。

「新井川さん絵の先生だね
たいしたもんだネェ」
「ジュンちゃんも描いてみたら・・・」
「ボクは忙しいから駄目ダ」

「オ~ィ みんな来て見て見て
すごい絵が出来てるヨ!」

「皆にも声をかけて見せてもいいですか?」

「皆さん来るテ」
「和尚さんが『ジュンちゃん静かに!』って怒ってるワ」


1月22日(木)晴 於 滋賀 天台宗務庁会議室で
「天台宗布教師会役員会」に出席


鐘楼門前のろう梅が正月から2月にかけて
満開。星祭厄よけにお参りの信者さんに
福よかなよい香りをただよわせて、喜ばれている。



ご加勢の皆さんとお茶を一プク。皆さんのお陰で行事が遂行できます。
ありがたし。



2月6日(金)晴~10日(火)晴 ベトナムからラオスへ
18:40 関空出発。ベトナムの首都ハノイへ。ハノイで一泊

2月7日(土)晴 一柱寺、文廟、ホーチミン廟、玉山祠、鎮国寺などの
ハノイ市内をガイドの案内で独り見学して、成田出発の西郊本団と交流して
ラオスのアンパバンへ。



一柱寺(一本の柱の上にお
寺が建っている。)毎日
沢山のお参りあり。
2月8日(日)ボートでメコン河を遡り、
約5000体の仏像が奉納されているラオスの
聖地、タムテイン洞窟で読経。
途中、地酒ラオラーオ酒を製造する
サンハイ村へ立ち寄り昼食

タムテイン洞窟

メコン河


2月9日早朝 僧侶の托鉢風景を見学。ルアンパバン市内見学。
(王宮博物館、ワットマイ、古都ルアンパバンの街全体が見渡せるプーシーの丘)
夕刻 空路、再びハノイへ。


早朝の僧侶の托鉢風景(極貧の生活をしいられて
いる人も精一杯のお供えをしている。)


2月10日(火)”海の桂林”ハロン湾へ。
夕刻 再びハノイへ。ハノイ市内で夕食後、本団と別れ、独りベトナム航空で
23:30空路、帰国へ。

2月11日(水)5:35 関空到着、ホテルで休憩の後 滋賀県坂本へ。
夕刻、渡邉前座主、毘沙門堂御門主、今井布教師会会長、その弟子と
夕食会に臨む。



前天台座主様へうら若き(?)お方から。

叡南ご門主バレンタインデー


2月12日(木)晴13:00~ 天台宗務庁で全国布教師会役員会に出席。

3月 4日(水)晴13:00~ 於 大分センチュリーホテル 九州東教区布教師養成所研修会に会長として出席


和尚さんはお客さんが来たし、僕は
だんだん疲れてきたので ママが洗濯した
パジャマに着がえて寝ることにした。
もう目がつぶれそう。
「続は次の機会に。
それでは また
オヤスミなさい」
 
今日はこの辺で
    おわり             
もどる    とっぷへ すこしむかしの日誌へむかしの日誌へ