10月7日
    ち  え
−智慧について−
智慧の話はこちら
〜わが輩はジュンである〜


白い曼珠沙華
10月7日 晴れ

悩み多き世界から、やすらかな
安養浄土の世界へ渡るために
彼岸の五つの修行の話を聞いてきた。

僕の心は、明鏡止水 晴れ晴れダ!!
(本当は・・・迷狂止酔・・・なのダワン)

黄色の曼珠沙華
いよいよ大詰めの
「智慧」の修行になった。
僕の頭の中には、
知恵が一杯詰まっているけども、
これとは、質が違うんだって。

赤い曼珠沙華
仏様の智慧を頂くために
「聞・思・修の三慧」のプロセスがいるんダ。
聞慧は、仏様の正しい教えを
先生からよく教わる。
しみじみと聞くことが大切ダ。

精神の集中・深い淵のような
静けさが大切。
・・・・・眠っちゃいないセ

すぐ「ケッケッコー ケコケ〜」
と ケタタマシク落ち着きなく
鳴くのは駄目ダ

次が、思慧で聞いた道理を、
正しく思惟することが大切ダ。

そして修慧で、
教の通りに実践し精進してゆくのダ。
聞・思・修の三慧をよく完成させるためには
「禅定」が基盤にあらねばならない。
困っている人、弱い人をみたら
出来るだけの手助けをする。
人間として、してはならないことをしない。
つらいことにも耐え忍ぶ。
日々に努力を積み重ねる。
心の中に静かな一点をもちつづける。

よく夢に見るんだワン
目がウルン ウルンになるゼ

ジュンちゃん 好きヨ!!
←いつもこんな笑顔で、
やさしいまなざしで(和顔施)。
相手をいたわるやさしい言葉。
疲れたお年寄りに席をゆずってあげる。
重い荷物を手伝ってあげる。
・・・いつもこんな気持ちと行動を心掛ける。

振り向かせようと努力するのは
無駄な抵抗なんだワン。

彼岸女にホレてはイケナイ
手を出してはイケナイ
カマトトじゃなくて、チクワ的ダ。
人妻に手を出してはいけない!
生き物の命を粗末にしてはならない。
うそを言わない。
いくら欲しくても、
人の物を盗んではならない。
わかっちゃいても、ついやってしまう
人間の愚かしさ・・・。
世間の教養も知性も備えたエリートが、
ズルズルとはまりこむんダ。

「風の娘」 Qちゃん 万歳!!
9月30日 ベルリンマラソンで
2時間19分46秒の
世界最高記録を出した、
高橋尚子選手(29歳)
シドニー五輪の金メダリスト。

米国コロラド州の3500メートルの高地で、
一日70〜80qの練習を
毎日、毎日 4ヶ月。
Qちゃん曰く。
「きつかった。けれども毎日、
全力を尽くすことだけを考えた。
きついことから逃げ出すことは
考えなかった・・・・・。」

小出監督曰く
「一日一日を大切にしてきた結果だ」と。

自分を戒め、忍耐と精進の結晶ダ。

「ミスター、ありがとう」
僕は野球は苦手ダ。
ケレドモ 長嶋さんの笑顔は好きダ。

今シーズン限りで退任表明した
巨人軍の長島茂雄監督。
多くの野球ファンや、
日本人に勇気と希望を与えてくれた
44年間のプロ野球人生。

絶やさぬ笑顔で明るさをふるまい、
自分に克ち、情熱を燃やし続けた
人間の輝く姿ダ。

「僕タチも自分の一番になろうゼ」
とお兄ちゃんといつも話し合ってるのダ
走ることでも、バットを振ることでも
車の運転でも、ラーメン作りでも、
何でもそのことに打ち込んで、
命を懸けてやり抜くことが大切だ。
たとえ結果が世界一でなくても
自分の一番になればいいのだ。
昨日よりは今日
今日よりは明日こそと
いつも前向きに成長を求めて
生きることが大切だ。

上向けばテイバナじゃないぜ
形も大切だが
心持ちが大切なんじゃワン

私より ジュンちゃんのほうが
テイバナ(低鼻)ヨ。
「40歳すぎたら 自分の顔に責任をもて」
心が顔に表れるんですヨ。

布施や持戒・忍辱・精進
そして禅定の心を
大事に育ててゆけば、
仏様の智慧をいただいて、
僕、即仏様ヨ。
やっと六つの修行の話が終わった。
ヤレヤレくたびれた。
曼珠沙華も終わり、境内は
写真のようなつぶらな花が真っ盛り。
皆様お疲れさまでした。


これから晩飯まで・・・・
それから朝飯まで・・・・
・・・・ぐっすり眠るゾ
              おわり