〜わが輩はジュンである〜


今週のつぶやき 9月23日号に載っている
「精進」 のお話の中の「外島(ウエド)」の写真ダ。
夫婦で一粒の種まきから始めた夢の島
30余年の精進の結晶ダ。
人間 万歳!!

今週のつぶやき「精進」のお話しはこちら



布施と持戒・忍辱・精進の
かたまりみたいなお二人ダ
いい顔しているワ


行き方

ソウルから高速バスターミナル(02-368-0800)で統営行きのバスに乗る。
このバスは午前7時が始発で、1日10回1時間40分間隔で運行されている。
所要時間は6時間。
釜山からは1日3回(08:10、11:15、15:20)
旅客船'エンジェル号'が出ている。所要時間は1時間50分。
統営−外島間の遊覧船は
長承浦遊覧船ターミナル(0558-681-6565)から出ている。
船に一定の乗客が乗ると出発する。



「初心 忘るるべからず」

初心とは、初一念ともいう。
一番 始めに 思い立った心のこと。

常に志した時の意気込みと、
謙虚さをもって続けなければならないんダ。

仏教語で「初発心」というんダ
僕もお寺に来てからズーッと
頑張って精進しているんだワン。


まさに花の楽園”外島”ダ
お兄ちゃんと散歩したい
和尚さんに頼んで、連れてっいってもらいたいが、
言っても無駄ダ。
こんな時に一番現実にもどって悲哀を感じる。
けれども、写真で楽しめる。


「おちょうだい」のポーズだ
一つ一つ マスターしている
人生も犬生も、
一つのことを
成し遂げようと思ったら、
こつこつ こつこつと
積み重ねが大切。
千里の道も一歩から
塵も積もれば山となるのダ。

長いこと下積みがあって
今日があるんだゼエ〜
近頃の人間ドモは
何事もプロセスを省略して
少しでも早く、結果、
ゴールを得たいと思っている。

昔の人は、東海道五十三次を
歩いて風景を楽しんで旅をしたが、
今はその道を、新幹線が
猛烈なスピードで走っている。
出来るだけ途中、
そのプロセスを省略して
少しでも早く、
目的地に到着しようとしている。



和尚さんが草取りしているとき
いろいろ聞いて勉強するのダ
坂村 真民さんの詩の一節

「こつこつ こつこつ書いてゆこう
こつこつ こつこつ歩いてゆこう
こつこつ こつこつ掘ってゆこう
・・・・・・・・・・・・・・・・・」

大したことはできないながらも
一つ一つ片づけてゆけば
「塵も積もれば山となる」で
いつの間にか有形 無形の
ものが仕上がるものなのダト。

お彼岸に到達している僕のお姿ダ
天下泰平・・・・
布施(欲を張らず)・
持戒(腹を立てず)
忍辱(つらいことにも、
     にっこり耐えて)を
日々に積み重ねる(精進)と
彼岸が近くなるのダ。
コムズカシイことを考えていたら
頭が疲れて眠りこけタ。


反動からか
カワイコちゃんと
お茶を飲んだ夢を見た。

            おわり