年令吉凶表の見方



H大吉 G大吉 F大凶 E大凶 D大吉 C中凶 B中凶 A中凶 @大凶
(後厄) (本厄) (前厄) (前半) (後半) (前半) (厄年)


右から左に順を追って見ます(前半とは前半が厄、後半が吉のこと)
十歳は@に戻ります

1歳の時@大凶(厄年)で生まれると上の表で見ると次の年が中凶(前半)
その次の年が中凶(後半)というようになり上の表で見ると@からH
順番になっています。Hからはまた@に戻ってその繰り返しです。

グラフの運気はだいたい赤線のあたりが
良くも悪くもない運気でそれを目安に考えて下さい
このグラフで見ると数え年の10歳1歳同じです。
つまり次の11歳がグラフの2歳と重なり、今度は例えば
16歳が一番悪い時期にあたるわけです。

※また、同じ大凶でも(厄年)の大凶と(本厄)の大凶では
(本厄)のほうがより運気が悪いので気を付けましょう。

例えていうなら(厄年)の大凶では転んでもすりむく程度が
(本厄)の場合には骨折してしまった・・・なんていうことになります。

逆に、大吉でも(本厄)の後の大吉ならば(本厄)前の大吉よりも
より運勢がよいのでこういうときに行動を起こすとうまくいくでしょう。

年齢吉凶表へ戻る