奈良県のお酒

モーツアルト物語 このお酒は奈良県香芝市の澤田酒造さんのお酒です。
これは、純米酒で酒の原材料に米と米麹だけを使ったお酒です。
 さらに精米歩合を50%以下まで米を磨き、低温で発酵を行ったいわゆる「大吟醸酒」です。
 そしてこのお酒は普通の酒造りと違って、製造途中にモーツァルトの曲をお酒に聴かせて作った、大変手の込んだ造りようのお酒です。
 箱を開けるとオルゴールが鳴ったりして、とても楽しい思いをさせていただきました。
もちろん値段も張りますが、大変美味しいお酒でした。
 吉野郡下市町「藤村酒造(株)」の本醸造名代老松名水造り一番しぼりです。(300ml)
 大分にも老松酒造があるので、そこのお酒だと思っていましたが、旅行に行ったときに宿で飲んだものです。

 2002/10/17
 
 
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 長野県 新潟県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都
神奈川県 山梨県 富山県 石川県 福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
沖縄県