北海道のお酒

男山 このお酒は北海道旭川市の男山株式会社さんのお酒です。
 このお酒は、純米酒と呼ばれるものです。
純米酒とは、酒の原材料に米と米麹だけを使ったお酒で、米そのものの味が残っているのが特徴です。
 そして、パッケージに書いてあるように大辛口のお酒でした。
 ここでいう辛口とは、発酵が進んで、酒中の糖分の多くがアルコールに置き換わっていて、飲んだときにぴりりと口に感じることをいいます。
小樽 このお酒は北海道小樽市の田中酒造株式会社さんのお酒です。
 小樽の土産にいただいたもので原酒です。水を加えていないので、度数が高くコクがあり、まろやかな味です。
高砂(立花吹雪) このお酒は北海道旭川市の高砂酒造株式会社さんのお酒です。
 大雪山雪清水仕込みの純米吟醸酒、原料米は美山錦50%精米、日本酒度は+5で、北海道限定販売酒です。
 六花(りっか)とは雪の結晶のことだそうで、寒造り大吟醸初しぼりとなっています。
松竹梅(石原裕次郎) このお酒は北海道のお酒ではないのですが、小樽の裕次郎記念館のお土産としていただきましたので、ここに掲載しました。
 お酒の中身は裕次郎が亡くなる前、正月になるといつも流れていたCF「よろこびーの酒松竹梅」上撰です。
 化粧箱には裕次郎がお酒を飲んでいる写真が載っています。
発泡清酒「大雪の蔵」 旭川市の合同酒精(株)の発泡清酒「大雪の蔵」涼風麗酒です。
 発泡酒はあまり購入したことがなかったのですが、北海道のお土産にいただきました。
 内容量は180mlで、アルコール度数は7%位しかありませんので、あっと言う間に飲んでしまいました。

 2002/7/31
 夕張郡栗山町の小林酒造(株)の北の錦特別純米北海278です。
 北海道に行った妻のお土産です。
 原料米の初雫「北海278」からの命名のようです。
 精米歩合55%、日本酒度+2、酸味1.5となっていました。

 2002/8
北の誉(雪まつり) 第54回さっぽろ雪まつり記念の清酒札幌市の北の誉酒造(株)の純米生酒です。(300ml)
 おばあちゃんの誕生日記念に行ったときに買って飲みました。
 雪まつりのポスターをあしらったこの時期限定のラベルがかわいいです。
 熱処理してなくさらりとした飲み口とほのかな吟醸香があります。
 日本酒度 +3
 酸度  1.4
 精米歩合 はなの舞65%

 2003/2/6
  北海道旭川市の高砂酒造(株)さんの吟醸生酒「国士無双」のまったく火入れをしていない生酒の中の本当の生酒です。
 北海道の羅臼岳に登った帰りに、千歳空港で買ったものです。
 蔵元から冷蔵したものを直送しているそうです。
 帰ってすぐに冷蔵庫に入れ少しずつ飲みましたが、あじも微妙に変わるのがわかりました。


2003/7
 このお酒も高砂酒造(株)さんの特別純米酒雪中美人です。
 美瑛の雪の中で120日間低温貯蔵した口あたりの柔らかなお酒です。
美山錦58%精米日本酒度+3


2003/7
 北海道に旅行に行き、千歳空港で購入した量り売りの吟醸酒でラベルがない。
 北海道小林酒造(株)の吟醸酒で香りも良くとても飲みやすい清酒だった。
 掲載するのが遅れたが、金賞受賞酒を購入したので併せて掲載する。


2002/7
 このお酒も北海道小林酒造(株)のお酒で平成16年度金賞受賞「北の錦」の限定酒です。


精米歩合  初雫(はつしずく)45%
日本酒度  +4
酸度     1.3


2004/8
 
 
 
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 長野県 新潟県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都
神奈川県 山梨県 富山県 石川県 福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
沖縄県