2019年7月27日:子ども友の会・おにぎらず他
夏休みに入りました。毎日、暑い日が続いています。今日も元気に子どもたちは集まりました。 
読書は羽仁もと子の子供読本から「力は出るもの出せるもの」です。暑い夏休みも、何か目標を決めて過ごしましょう。家族の力になれること、何か決めて出来るといいですね。「力は出るもの 出せるもの」です。
先月の子ども友の会から励んでいる「はやおきのはげみひょう」を見合いました。はやおきができたら色を塗ったり、シールを貼りましょう、と書いてある。毎日、早起きが出来ている倖さんが見せてくれました。夏休みも早起きを励みましょうそしてこのはげみひょうの続きにシール�が貼れるとよいですね。
夏休みも忙しいお家の方々です。子どももじぶんたちのお昼ご飯が作れると良いですね。お家の人の分まで作って一緒に食べられるとうれしいです、今日はそんなお料理をつくりましょう。

おにぎらずです。海苔一枚と、ごはん100 g
海苔の真ん中にごはんの半分の50gを平らにのせます。塩パラパラ、その上に、おかずを平らに載せて海苔でくるみます。

しばらく置いてから切ると、こんな素敵な「おにぎらず」の完成です。 
今度は「豚丼」を覚えましょう。調味液を作っておきます。フライパンで玉ねぎ、豚肉と、しめじを炒めて調味液をまわしかけてサッと混ぜて出来上がり。どんぶりに入れたご飯の上に載せて、「豚丼」の出来上がりです。
 おいしかったですね、どうでしたか?思ったより作るのは簡単で楽しかったでしょう。是非、お家の方にも作ってあげて下さい。お家の人と一緒に作って食べると楽しいですよ、

長い夏休みです、体に気をつけて事故にあわないように、また元気で9月の子ども友の会で会いましょう。
今日のお料理は、「かぞくのじかん」Vol.48夏号(婦人之友社刊)に載っています。参考にして下さい。 
 
 
写真・文責:永野