2019年2月9日:土曜日の有職グループ
土曜日午前の有職グループの集まりです。寒い中、7人が集まりました。読書や話し合いの後、今日は楽しみのお料理があります。
有職グループリーダーの武田さんが用意したのは「黄粉団子」です。黄粉、砂糖、山芋すりおろし各100gをこねてお団子にしてまるめて出来上がり!簡単でおいしいです。 
こちらでは後藤恵子さんがチキンライスを作ります。材料を炒めて、お米もいためて、水加減をしっかりして、炊きます。
最後は鍋帽子(今日はおなべが平たくて大きいので鍋座布団を使いました。)で20分たったら、なんと!おいしいチキンピラフの出来上がりです。 
後藤恵子さんがきれいに用意して下さった中華スープの材料です。すぐにお鍋で取り掛かれました。おネギをきれいに刻んで最後に入れました。 
総リーダーの用意して下さったお庭のパール柑、甲斐さんが作ってきたというリンゴのコンポート、大豆の甘煮を盛りつける松村さんです。
その後ろでは、鍋座布団に入って、チキンピラフがおいしく炊けています。
 
テーブルにご馳走が並びました。黄粉団子の左は「カニステル」の黄色い実です。珍しい果物です。大分友の家に保管している備蓄米の賞味期限が近付いたお米で炊いたチキンピラフはとってもおいしかったです。例会食堂でも、鶏めしやドライカレーに使っています。 
  
「頂きます!」の前に記念写真です。左から総リーダーの安部さん、松村さん、後藤恵子さん、甲斐さん、永野、有職リーダーの武田さん、高橋育代さんです。皆を一堂にいれたくて、合成写真にしました。
大分友の会 有職グループの集まり
・讃美歌:369番
・読書:通読箇所「囚われ」
 −羽仁もと子著作集「思想しつつ下」−
・感想、話し合い ・次年度は?など、
・昼食実習
献立:チキンピラフ、中華白菜スープ、黄粉団子、大豆甘煮、リンゴコンポート、パール柑、香の物
   写真・文責:永野