2017年5月13日:焼きあんまん
今日の有職グループでは羽仁もと子著作集の「思想しつつ下」の「悲哀を知るひとびと」を読んで感想を話し合った後、婦人之友6月号に載っている「焼きあんまん」を作りました。
友誌には「気軽にできる今日のお菓子」として北京生まれのウー・ウェンさんご紹介の黒ゴマ風味のあんを包んだ焼きまんじゅうが掲載されていました。

強力粉の衣、黒ゴマ入りのあんを同じ数だけ作って、衣の記事を丸く伸していく、それがちょっと難しい。
しかし、どうにか形が整った。衣を閉じた所が開かないようにしっかり閉じて、フライパンでじっくりと焼いて行く。 
なかなかきれいな焼き色になって、出来上がりました。お野菜は、やはりウー・ウェンさんご紹介の簡単な白和えです。香菜が手に入らなかったので、お庭に出来た春菊を持ってきました、とのことできれいな緑と白の一鉢になりました。

一緒にお皿に載せたのは、サクランボジャムを作ったので、サンドにしました、と持って来て下さった人、また私は高知の姉が送ってきてくれた柑橘の子夏ちゃんを お皿に載せました。他には、おじいちゃんの台湾みやげの飴とドライトマト、と珍しい食べ物が揃いました。
有職グループの集まり 
5月13日(土)10:00〜12:00)
讃美歌: 510番
読書:羽仁もと子著作集「思想しつつ下」
         〜悲哀を知るひとびと〜
調理実習:焼きあんまん、白和え
次回の集まりは

5月22日(月)19:00〜21:00
どうぞ、出席を思われる方は下記から連絡を!
   大分友の会  mieko@fat.coara.or.jp