2017年3月25日:子ども友の会進級お祝会
今朝は9時過ぎから大分市富士見ヶ丘団地内の富士見ヶ丘認定保育園総会の中で友の会が講演会をすることになり、準備を早い時間にして、講演会を無事に終えることが出来ました。

その後、大分友の家での「子ども友の会進級お祝会」に参加すべく、駈けつけました。
子どもたちは生活食係の小野さんの指導のもと、お料理の実習をしていました。 
エプロン、三角巾姿も板について、ここでは鮭寿司の錦糸卵の作り方を学んでいます。 
こちらの調理台では、鮭の身をほぐしています、また、今春、小学校を卒業する隆太郎君は紫蘇の葉を細く刻んでいます。それをじっと見ている妹さんです。 
自分でもしてみたくなりました。少し危なっかしいので大人が手助けをしながら、危なくない切り方の「猫の手」を教えています。 
白和えに入れる人参です。一生懸命短に冊切りの長さを指で計ったり、 薄く薄くと一生懸命です。
 デザート作りになりました。苺淡雪を作ります。白身の泡立てと、寒天液と混ぜこむのを覚えています。
潰した苺も混ぜ込んで、少しピンクの液が出来ました。素早く器に流し入れます。油断をしていると、固まってしまいます。 
お澄ましをお椀に注ぎます。もう少しで完成です。手の空いた人から配膳をします。
さあ、一生懸命にしたお料理が完成です。
進級お祝会の献立は
  鮭寿司、みつばとお豆腐のお澄まし汁
  ヒジキの白和え、苺淡雪羹、です、 
今日のランチョンマットは桜色です、桜の切り抜きが可愛いですね。皆で揃ってお祝いの食事を頂きました。自分たちで作ったお料理のお味はどうでしょうか? 
  
小学校を卒業して中学生になる人が二人、そして、後の人たちは
一年進級をします。また4月から新たなお友だちが加わって、
子ども友の会が出来るといいですね。待ってます!