2016年11月15日:家事家計講習会コンパルホール

我が家からバス停に行く途中に見える由布岳と鶴見岳、この景色が大好きです。
快速バスに乗って、通勤ラッシュの中バスは速くに大分駅前に着きました。そこから徒歩5分ほどで今日の家事家計講習会の会場・コンパルホールです。
 コンパルホールでは毎年、家事家計講習会を開いています。今年の6月に開館30年を迎えたそうです。大分市の中心地にあり、文化ホールや図書館、スポーツ施設も備えた総合的な建物です。
8時45分にホールが開き、準備を始めることが出来ましたが、なかなか時間が足りなくて、大変です。
展示係は厳しい時間の中、其々の受け持ちを手際よく整えて行きます。お客様が入られる頃、やっと完成、ホッとして記念写真です。右から後藤さん、小野さん、永野です。 
受付の荒木さん(右)と甲斐さんです、お客様の波の途切れた時を見て、チケットの整理など静かに働いています。 
時間通りに始まりました。たくさんのお客様の前で緊張の面持ちで大坪さんが「家計簿に出あって」のタイトルのもと、話しています。とても熱心に聞いて下さっています。 
家計係塩月さんが「予算はどう立てたら良いでしょう。まずは我が家の収入を知りましょう 」と資料を基に話します。スクリーンと、資料を見ながら、お客様は聞いて下さっています。
「本気で家計簿に 向き合っています」久保さんが話す言葉に頷きながら聞いて下さっています。
お話と数字で頭も肩も凝ったのでは無いでしょうか?少し体を動かしましょう、と、塩月さんの言葉に合わせて皆さん、腕をあげたり、体をねじったり、リラックスして下さっています。 
 「食費予算を立てましょう」井上さんの説明に合わせてパンフレットに数字を記入されるお客様です。
いかがでしょうか?皆さんのご家庭の食費予算が立ったでしょうか?予算があると、食べ方も買い物もきっと無駄なく出来ると思います。 
コンパルホールは部屋が少し丸くなっています。展示には工夫が必要ですが、友の会は毎年ここで家事家計講習会をさせて頂いているので、使い勝手が良いホールと言ってもいいでしょう。 
一番奥に、12月9日に開く友愛セールの展示です。 
中央は、内容展示です。U6活動のシンボルペナントを下げました。そして、「幼児の食事のアンケート」の表を貼りました。
テーブルには奥から常備菜の色々、幼児と成人女子の「手早く出来る朝食」そして、一日に食べたい食品の目安の量の展示です。手前は3才女子、窓際は30-49才の成人女子の展示です。
一番目立つ場所は、家計簿やこづかい帳などの販売テーブルです。主婦日記、婦人之友、明日の友、かぞくのじかんなどの書籍類をおきました。
演台の傍は、友の会コーナーです。羽仁もと子著作集や、婦人之友、入会グッズを置きました。
家事家計講習会が終わりました。お客様は、書籍コーナーに展示に、パソコン家計簿にと、移動されて、会員と話されています。 
12時まで交流タイムでした。お客様を送り出した後、「数の報告」を聞きあって後、会場片付けです。会場をお借りした時のように机を並べて、借りていた台車に荷物を積んで、部屋を出ました。

とても良いお天気とお客様に恵まれて、良い講習会だったと思います。 
写真・文責:永野