2015年11月17日:臼杵にて家事家計講習会
今日は臼杵市の中央公民館で初めて計画した家事家計講習会です。今朝も大雨の中、大分から高速道路を走って会場に到着しました。迷わずに行くことが出来てホッとしました。 
9時前に会場にいれてもらい、早速、講習会の準備に取り掛かります。途中、交通事故現場に遭遇して遅くなった車もあって、気を揉みましたが、事故の当事者で無くて、本当に良かったと思いました。 
展示の場所や、会場の設営は前もって打ち合わせをしていたので、初めての場所でしたが余り戸惑うことなく準備出来ました。
パワーポイントを作成し、パソコンを操作する松村さんも早速、調整に入りました。 
報告者の演台です。コスモスが飾られて、素朴な会場の良さが出ています。正面向かって左にプログラム、右には羽仁先生の言葉「家庭は簡素に社会は豊富に」今年の大分友の会のテーマ「はじめませんか 家計簿のある生活」の言葉を置きました。 
 予定数10名で膝突き合わせての親しい講習会にしたいとの希望で今年開催を決めた臼杵会場ですが、たくさんの方が出席、急遽、席を増やしました。
総リーダーの挨拶で始まりました。
広い会場で、テーブルに2〜3名が座って聞かれています。 
同室託児でしたが、男の子が一人、託児係の丹生さんと大人しく、フエルト棒つなぎや、ままごとをして静かに遊んでいます。 
入場予定を10名としていたので、プログラムの中のワークショップは、全員でしようと決めていました。席を立って、展示を見て頂きます。
今年の勉強を最寄から申請してもらって、展示にしました。全体を見て頂くことで、大分友の会の姿勢が伝わるとことを願いました。 
託児報告です。託児は一人です。いろいろとおもちゃの使いかたも工夫して遊びます。私が教わっています、と、丹生さんの報告です。 
続いて家計簿のつけ方です。財津さんが説明をします。先ず、家計簿の紹介、そして、買い物をしてきたら、レシートを見ながら、当座帳に記帳して行きます。それを今度は費目別になった家計簿に転記をしていきます。 
皆さん、楽しく記帳されました。家計簿を手にして下さる方が多いといいですね。

続いては後藤恵子さんの「生活に工夫が生まれる家計簿」と題して永年つけてきた家計簿を通して話しました。 
主婦日記を活用しながら、生活している後藤さんのお話でした。

最後に総リーダーが挨拶をして終わりました。
 お客様はまた改めて展示をご覧になったり、家計簿を並べている机に集まって来られて、会員と色々な話をしながら家計簿を手に取って下さっています。
 4種類の家計簿がありますから、お話をしながらどれがそのご家庭に良いか、とお勧めします。
家計簿をつけて暮らす仲間が増えるのがうれしいですね。
大分友の会は12月11日に、友の家で友愛セールを行います。会員が学んだ中から良いと思うものを手作りして、皆様に買って頂きます。
展示でその一部をお見せして、友愛セールへのお誘いもしました。

また多くの皆様とお会いできることがうれしいです。

大分友の会友愛セール 
 日時:12月11日(金)11時より 
  記録写真:永野