2015年11月10日:例会・家事家計講習会、友愛セールを前に
今月は私たちのわさだ最寄が例会当番です。庭の花を切って、早く家を出ましたが、余りにも早かったので、ちょっと一呼吸です。 
大分川に集まる水鳥を見るように高台が作ってあります。大きな鴨のタイルモザイクが目印です。

その高台に登って、大分川を眺めるのはとても気持ち良いです。もう少しすると、鴨の群れがたくさん遊んでいますが、今朝は、1羽が泳いでいるだけでした。 
大分川のはるか向こうには由布岳が見えるはずですが、今日は雲が低く垂れこめて隠しています。 
5分ほど、カメラで写したり、深呼吸をしたりした後、友の家に向かいました。家で活けてきたテーブル花をおいて、会場準備をします。 
調理室では豊府最寄が例会食堂の準備中でした。フライパンで鶏のつくねをたくさん焼いていました。 
今日のメニューを見せてもらいました。津久見市の郷土料理のひじきご飯、車麩とワカメ、三つ葉のおすまし汁、鶏のつくねに人参といんげん添え、ビーンズサラダ、芋羊羹だそうです。楽しみです。 
例会当番のわさだ最寄は8人中6人が出席することが出来ました。左から河野さん、武田さん、藤原さん、武内さん、 
そして、荒木さん、永野です。二人で今日の読書「舞台と楽屋」を読みます。
武内さんが作って来て下さった花かごが清楚で美しいです。 
今日は、金曜日から始まる家事家計講習会のプログラムの中からの発表もあるので、マイクやスクリーンの用意がしてある例会場です。
総リーダー原田さんの読書感想です。
「全国各地で今年も多くの会場に多くのお客様に来て頂いて家事家計講習会が開かれます。そのために今は、各地楽屋を熱心に働いています。大分友の会も舞台である講習会会場に多くのお客様に来て頂けるように、力を合わせて働きたいと思います。
その次は友愛セールです。こちらにも、多くのお客様をお誘いしましょう」
わさだ最寄リーダー河野さんです。最初に最寄紹介をしました。「一番若い会員がフルタイムの仕事につき、有職会員が3人になりました。今日は8人のうち6人が出席です。」「合理的生活をと励んで来ました、励むことで生まれた時間で社会に力を出す。そして日々の衣食住家計子どもという友の会の学びがとても大切です。家事家計講習会ではチケット係です。最後までたくさんの人を誘って下さい。」 と呼びかけました。
 有職会員の武田さんが「出席出来て良かったです。有職会員になって9年です。日々の活動には参加出来ませんが、周りには、そろそろ家事家計講習会ね、店にチラシをおいてあげるよ、と言ってくれる友も出来て広報が出来ることをうれしく思っています」
武内さんは、50代で友の会に入会し、「それからは日々、著作集に励まされ、生活面でも学ぶことが多く、家庭がドンドン変えられていくのがうれしい、同じ気持ちでまだ知らない人に伝えられる家事家計講習会、友愛セールだと思う、」と話しました。 
永野は「家事家計講習会の展示係を受け、具体的な働き方を考え実行に移そうとしている、そのことに疲れたら布絵本を取りだし手を動かす楽しい気分転換で作品も完成に近づき、友愛セールに出品出来る。このような生活が友の会入会以来50年、我が家の10月、11月の生活サイクルに組み込まれている。毎年同じようでも、螺旋階段を登るように少しずつ上昇していけるように励まし合っている友が居ることがうれしい」と話しました。
 その後、ここ「舞台と楽屋」に書かれている「洋服裁縫講習録全6冊」が大分友の家にあるこを紹介致しました。
この友の家が新しくなった時に、お祝いに来られた元会員さんが、良い書棚が出来ていますね、と改めてお祝いにと、この貴重な6冊を持って来て下さいました。
羽仁先生が本編の中に「すべての女性に洋服を自由自在に裁ち縫いすることが出来る技術が今の生活舞台にせっぱつまった必要事である」と書かれ、西島芳太郎先生と共に発刊された本です。美しいカラー挿絵と共に懇切丁寧な説明、付録には実寸の型紙、また部分縫いまで付けられた講習録となっています。 
品格ある洋服は、友の会の良き伝統になっていると思います。大切に読み継いで行きたい本として紹介させて頂きました。
藤原さんは「80才を過ぎた今も家事家計講習会の裏方としていつも皆さんと共に居る私です。そのことがとてもうれしい」と、話して下さる。私自身もそのように良い年を重ねて行きたいと、本当に思いました。
わさだ最寄の感想の後は、家計係の久保さんが、改めて今年の家事家計講習会に皆で話し合ってきた願い、多くの若い人に呼びかけたい「はじめませんか、家計簿のある生活」をと最後まで力を出しましょう、と元気に話しました。 
友愛セール部リーダー笠井さんが、12月11日の友愛セールに向けての諸注意を話し、約束を守って、衛生に気をつけてお客様に私たちの作品を届けましょう。衣の作品も、心をかけて丁寧に作り上げて下さい、と話しました。例会後は、家事家計講習会の働き別の集まりを持ちました。
 今日の例会食堂は、豊府最寄の担当でした。
献立は、ひじきごはん、車麩のおすまし汁、鶏のつくねと野菜添え、ビーンズサラダ、芋羊羹です。

午後は家事家計講習会の会場準備をしました。
11月例会:
  「家事家計講習会、友愛セールを直前に」
当番最寄:わさだ最寄
当番委員:阿部
讃美歌:504番
読書 舞台と楽屋」−真理のかがやきー
感想 総リーダー、わさだ最寄
内容 
・家事家計講習会について経過報告
  内容:久保、 実務:阿部
 家計実例:高野さん、
 家計簿をつけましょう:財津、佐藤、
・友愛セール部より:リーダー笠井
・光敷最寄講習会の報告:塩月
・災害支援係より:岩橋
・総リーダー報告
・各部各係より
・実務報告 出席37人託児3人託児当番:竹田、坂ノ市
野の花の姿

例会セール 春日、西の台
例会食堂:豊府
 写真:小林 永野、文責:永野