2015年2月28日:子ども友の会凧揚げ
今日は小学生の集まり「子ども友の会」です。各地から元気に集まってきました。

子ども讃美歌のあと、いつものように、「きのうなんじにねましたか」「きょうなんじにおきましたか」を調べました。 上級生がちょっと遅い時間になっています、
お家の人と話し合って土曜日だけ遅いようです。9時、9時半と言う人が多いです。
子供読本の読書のあと、先月に続いて、凧作りです。先月に絵を描いたので、今日はひごを取り付けて、糸を結わえて凧作りです。
細いひごを凧に貼り付けるのが難しかったです。また凧の糸を結ぶのもなかなか大変、上手に出来る子も居て、お友達が、器用やね、と感心をしていました。 

さあ、足もつけて、出来上がりました。記念写真の後は、凧上げに行きます。
友の家の前の大分川の土手道へ行って飛ばします。初めはどうすれば良いのか分からなくて、地面に引きずったり、糸の繰り方が難しかったりしていました。でも、とにかく何度か飛ばしてみて自分でコツをつかむしかないですね。
 何度も何度もチャレンジしました。早春の風は冷たいですが、丁度良い風で、凧上げには最高!です。
お散歩のおじさんたちも、応援してくれたり、声をかけて下さったり、子どもたちは頑張りました。 
  こんなに気持ち良く凧が空で泳ぐようになりました。 
 思い思いに描いた凧の絵が大空で飛んでいます。子どもたちは大喜び、初体験という子どもたちもいて、本当に楽しい凧揚げになりました。

最後は、友の家に戻り、荷物を片付けて、さようならです。凧は大事に持ち帰りました。