2014年11月19日:大分友の会家事家計講習会三余館
今日は佐伯三余館で家事家計講習会です。大分からも車に分乗して9時前に会場へ行きました。
早速、準備です。 
張り物をする人、展示の準備をする人、決められた係としてテキパキと働きます。 
二階が会場です。その前のホールで受け付けの準備です。 
 さあ、会場の準備が整ったようです。スライドのテスト、マイクのテストを始めています。
  30-39才の成人女子の一日に食べたい食品の目安の量の展示と、あると便利な保存食の展示、

また、災害支援の活動の様子も展示しました。

下は12月5日に開く、友愛セールの品物を少し展示しました。 
すっかり準備が整って、選手の皆さんも、笑顔で座りました。まもなく始まります。
会場ドアの前で、来られたお客様にも、アンケートをお願いしています。
朝の時刻決めていますか?・気象、朝食、朝仕事終了、とお訊ねをして、シールを貼ってもらっています。
総リーダー阿部さんの挨拶、家計簿紹介で、始まりました。若い方を中心に、たくさんの方が来て下さっています。 
佐伯のケーブルテレビが取材に来て下さっています。しばらくしたら、放映されるとか、何度も放映してくれるようえ、佐伯の皆さんは羽仁もと子案家計簿をしっかり知って下さるでしょう。 
時間しらべからの報告、 副食物費の予算の立て方を、井上さん、大塚さんのお話から今度は実際にお客様にご自分の家庭の副食物費予算を計算してもらいます。
会員もお手伝いをして、計算をして頂きました。
資料に記入してもらっています。食費は副食物費、主食費、調味料費に分かれています。 
丹生さんが、鍋帽子を使って白くて重いお野菜大根の料理を見て頂きました。
鍋帽子は、保温調理が出来る優れものです。沸騰したら被せます。長く高温が保てます。75度くらいから上の温度が長く保て、その時間帯にお料理がおいしくなります。、

白菜や大根など白くて重い、そして、お値段も安いお野菜を上手に調理して増税、物価高に負けない家計をとその上、CO2削減にもなります。 
託児報告です。原田さんが笑顔で話します。大塚さんは、託児に来た印を見せています。阿部さんは軽食のクッキーと、お茶を見せています。 
その後は、佐伯さんの「我が家の家計」です。昨年の家事家計講習会後に友の会に入会し、家計簿を友社の家計簿に変えてつけ始めた。その数字を参考に来年の予算を立てることが出来た話です。 
最後のプログラムは佐伯の佐藤さんの「家計簿と、著作集と友と」 です。家計簿をつけながら、著作集の言葉と、友の会の友に励まされつつ、今に至る、佐藤さんが大切にしてきた生活を話しました。
 プログラムは全て終わりました。お客様は、お友達と感想を話し合いながら、展示を見たり、書籍を見たり、家計簿を買って下さる方もあって、私たちもとてもうれしかったです。
お客様を送り出して、会場を片付けました。その後、1階の託児をしたお部屋に移動して、昼食、そして、報告会をしました。 
家事家計講習会 佐伯市 三余館にて
プログラム
・朝の時間どうしていますかー12404人に「生活時間しらべからー
・何をどれだけ食べたら良いでしょう
・鍋帽子Rを使って
・家計簿と著作集と友と