2014年10月25日:大分友の会子ども友の会
先週に計画をしていた「久住の山田さんの家へ行って栗拾いのお手伝いをする」子ども友の会が台風19号のために中止になり、今日は代わりの子ども友の会です。
元気に子どもたちが集まってきました。今日の読書は子供読本「四海兄弟」です。世界中は繋がっている、の意味。良いことが広まる世界になると良いですね。
昨年のクリスマス会で献金をしたユネスコからお礼のお便りが来ています。皆さんの献金はアフリカの子どもたちが健康に育つために使われます。と、喜んで下さっている。今年も苦しんでいる子どもたちのために献金が出来ると良いですね。小遣い帳の「人のために」という予算があることももっと分かり合いたいです。と、大人が話しました。
 今日は、11月に行われる家事家計講習会に来る小さな子どもたちの託児用の「元気に来た印」の用紙やお印の準備をします。頭を絞って、お印を張る用紙に絵を描きました。
シャボン玉を子どもが吹いている絵を描きました。お印はシャボン玉です。
絵の具で染めた和紙でシャボン玉を作ることにしました。でも、子どもたちは染めたくないと言ってます。今日は大人が染めた紙を使って丸いシャボン玉を作りました。 
絵の具染めの素敵なシャボン玉がいくつも出来ました。
絵の具も和紙も用意して来ていたので、大人が絵の具の流し染めで和紙を染めてみました。それを見て、やってみたいと、流し染めをする子どももいました。
とても良い天気だったので、2-3枚染めているうちに、最初に染めた用紙は乾きました。 
落とし染めの絵の具を準備していたので、少し染まり方が淡いですが、それでも、思いがけない素敵な模様が出来て面白い染物になりました。

この和紙を使って、次回は、クリスマスカードを作りましょうか。 
 今日は小さな子どもたちのために、お印作りをしてくれました。お疲れ様でした。ということで、最後にお茶の時間です。荒木君が丁寧にお茶を淹れてくれました。
お茶菓子は、山田さんの家の庭で採れた栗で作ったお団子です。とってもおいしかったです。お母さんたちも呼んできて一緒にお茶の時間をしました。 
そして、うれしいことに、山田さんが、子ども友の会から子どもたちが久住へ来てくれるのを楽しみに待っていたけれど、台風で来れなくなってとっても残念、お庭に落ちていた栗を持ってきましたのでどうぞ、と、うれしいプレゼントでした。 
栗団子を作ってくれた井上さんが、作り方を説明し、とても簡単だから、お家に帰って是非、作ってみて下さい。と、言いました。

とても楽しい子ども友の会になりました。11月は小遣い帳の勉強をしっかりしましょう。そして、クリスマスの計画を立てましょう。

山田さんからの栗をおみやげに、さようならをしました。 
 大分友の会子ども友の会プログラム

・うたいましょう「ひかるひかる」
・読書「司会兄弟」子供読本
・きのう、なんじにねましたか?きょうなんじにおきましたか?
・四月にきめたじぶんのめあてはまもれていますか?ききあいましょう。
・「げんきにきたよ」のおしるしつくり
・11月12月のよてい
・おちゃのじかん