2013年8月3日:8月例会「平和を考える」
 当番は有職グループです。日頃出席出来無い人にも出てもらいたいと、土曜日に例会を設定しました。

讃美歌は有職グループの高橋さん、420番「世界平和」♪平和を愛する民にあれや〜♪
著作集・友への手紙の「有力無抵抗 」を通して”私にとっての平和”を考える例会です。総リーダー後藤さんは、戦争体験の無い世代に何が出来るか、生活を見直す機会にしたい、と話しました。『真の無抵抗主義は無力どころか絶対に有力でなければできないことです』の言葉から真の合理的生活を目指し共に励む真剣な生活者にならなければ、と力強く話しました。
毎月2回の集まりを守っている有職グループは、「友への手紙」を通読しています。その中から、「私にとっての平和」を考える時に心の支えになる羽仁先生の言葉は、と真剣に考え、総リーダーの思いに合わせて、ここを読書箇所に選びました。
有職グループリーダーの甲斐さんは、長崎原爆の直後現地で働かれていたお父さんの血を受け継ぐ者として、真剣に思いを深く考え続けていきたい、ひとりひとりの心の持ち方こそ平和への第一歩なのだと気づかされたと話しました。 
西の台最寄の高橋さん、春日最寄の当間さん、豊府最寄の高橋さん、其々に、著作集を通して「私にとっての平和」を話しました。職場の中での人との交わり、学校での生徒との交わり、また家族との交わりなど、様々な場でいつも平和につながる生活を心がけていきたいと話しました。  
続いて9月6日に開催する「オープンハウス」の話し合いです。大分友の会創立80周年、大分友の家建設10周年、全国の友の会会員のお支えのうちに建設することが出来た友の家も、返済を全て終え、感謝と喜びのオープンハウスです。全体リーダー:総リーダーの思いを聞いたあと、内容リーダーの河野さんが、具体的な内容を話しました。
 友の会の紹介コーナー、私たちの活動の一端を紹介するコーナーとミニ生活講習のこと、これは各最寄りが担当します。ミニ友愛セール、お茶コーナーも作ります。お世話になった皆さんに案内状も送ります。たくさんの方に友の会を知っていただきたいと、チラシも一杯作りました。
実務リーダーの井上さんが、働きの組織を説明しました。 全員で感謝とお祝いの気持ちで働きたいので、時間をくり合わせて参加しましょう、と話しました。
夏休み最後は、ミニ生活講習のリハーサルをします。そしてオープンハウスから元気をもらって、秋の働きへ歩みだしましょう。
 7月18-19日、東京明日館であった「全国生活研究会」の報告です。生活部リーダーの河野さんが報告です。テーマは「つくる・育てる・つながる」ー食から広がる生活研究ー  2月の全国農村愛土生活研究会をふまえ食の内容を深めたいと始まった研究会でした。震災後生活がどう変わったか、若い家庭の例を話す。また農村愛土生活研究会後、作る人のことに思いを馳せる私たちでありたい、私たち消費者の気持ちを変えていかなくてはと話しました。
5年に一度、行われる育費調べの年として、子どもの育つ家庭のことを全員で考える時としたい。壮高年も、永年の磨かれた技に今の時代を見据えた生活の技を合わせて、若い家庭に伝える人になりたい。自由学園中村先生の「一つ物を得ると一つ失う」また「あなたは箱の中へ物を詰め込むか、苗に水や栄養を注ぐか」がとても示唆深い言葉として印象に残り永野から紹介しました。
続いて九州部食のネットワークに出席しての報告を大塚さん、家事家計講習会について、家計リーダーの笠井さん、7月4日の「新入・転入会員の集まり」の報告を梶川さんとたくさんの報告がありました。

7月20-21日に自由学園から二人の生徒さんに来て頂いての「子どもお泊まり会」の報告を阿部さんがしました。 
 災害支援係の後藤さんから、東北訪問のおみやげに皆さんに協力してもらったフキンを48枚、聖愛保育園と、盛岡友の会へお渡しできたこと、7日には野菜支援の日、またその日は座布団(小)作りも計画しています、多くの参加をと呼びかけました。
 7月25-29日まで現地の多くの皆さんのご協力をいただいて、福島の聖愛保育園など5箇所の幼稚園、仙台・盛岡の友の家、そして、釜石・大槌など被災地の仮設住宅での「手作りとお茶この会」「はまなすの会」に参加することができたことを永野が報告しました。まだまだ被災地は大変な状況です。後方支援の私たちは、なおなお心を込めた支援をしていきたいと強く思ったことをお伝えしました。
 今日の例会セールには夏野菜がたくさん出されていました。会員が育てた夏野菜を私も買って帰りおいしく頂きました。
午後の委員会では、「はまなすの会」に送る和服地の点検をしました。お祖父様・お祖母様や、お母様の愛用の和服を丁寧にほどいて洗い、アイロンをかけてはまなすの会の皆さんの手で、また新たな命を与えて頂きます。 お手持ちの絹の和服で次なる命をと思われる方はどうぞ提供して下さい。
8月例会「平和を考える」
当番:有職グループ、当番委員:笠井
讃美歌420番
読書:「有力無抵抗」ー友への手紙ー
  感想 総リーダー、有職グループ
内容
・オープンハウスについて 総リーダー、井上、
・九州部食のネットワークの集まりに出席して 大塚
 
・家事家計講習会について 家計リーダー・笠井
・新入転入会員の集まりの報告 会員係・梶川

・夏休み子ども友の会お泊まり会の報告 子ども部リーダー・阿部
・支援のこと 災害支援係・後藤
・東北訪問の報告 中央委員・永野
・豊府最寄講習会の報告 最寄りりーダー原田(代読)
・総リーダー報告
・各部各係から
・実務報告  出席 31名 
・野の花の姿   
   写真:武内 文責:永野