2013年2月5日:例会「友の会を考える」  
  立春は過ぎたと言いながら寒い朝です、早くから明野最寄が例会食堂の準備です。
書籍係の是永さんは婦人之友社の書籍を書棚から出して、展示しています。 
  2月例会が始まりました。最初に総リーダーは、次期総リーダーが決まったことを報告しました。
豊府最寄の後藤さんです、新年度は後藤さんをリーダーに歩む大分友の会です。、 
読書「生きる以上は」の感想を総リーダー河野さんが述べました。 「仕事をしている時は本当に細い枝で葡萄の幹に連なっていた、総リーダーとして読書を多くさせて頂けて、少しは太い枝として列なれるようになったと感じる」
今日は佐伯最寄が例会当番です。13名が居ますが、有職の人が多く、今日は5名で参加です。
最寄リーダーの佐藤さん、「在会32年、友の会に居ることが幹と連なる力となる、若い最寄の会員から佐伯市民に友の会が知られるようになった」
竹下さんは「進んですることには疲れない、生きる以上は、自分の力を役立てたい、両親と暮らすようになってそのことを強く感じている、子どもの生活団を機に入会、昼食作りでパンを教わり、今はパン教室を開いている」
  家事家計講習会から入会した広田さんは、「子育ても幹に連なるようにしていきたい、自分という枝に血を通わせて頂ける友の会だと思う」隈さん「友の会の読書から神様を信じられるようになえい今は穏やかなひとり暮らしに感謝」江藤さん「入会して7年、朝は4時に起きて、待って下さっている方々に、パンを焼いている」
今日、友の家に来れなかった人たちも、全員が感想を寄せ、読むことが出来ました。
 その後は、「運営組織をどう考えるか、各部のリーダーが1年を歩んで思うこと」を話ました。

生活部リーダー丹生さんです。「3.11以後、暮らしを見つめ直してみませんか」と、励んできた。我が家の予算をたて、生活力を身につけましょう、しかし、最寄勉強が出来にくいことに気づいた。」
   経済部リーダー岩橋さんは、「係それぞれが経済を預かり公のお金を預かる責任を感じている。2003年に改築した友の家の返済も今年度で終わる、が同時に、修理も始まっている。
家計も会計も同じ公のお金、不明の無いようにしていきたい。」
総務部リーダー笠井さん、「70人から受け継いだ大分友の会の1月末会員数は72人です。家事家計講習会、鍋帽子講習会で出会った方々の名簿を配布している、扱いを慎重にしながら、最寄へお客様を誘ってください。」
   今日は託児は一人です、寂しいですね、でも、一人でも元気にあそびます。今はお弁当の時間です。全部上手に食べられたかな?
友愛セール部井上さんが、3月2日の友愛セールについて話しました。食と衣の出品数を確認しています。その後、当日の働き人を確定しました。土曜日開催になるので、都合の悪い人、土曜だから、来れる人など様々です。責任を持って働きましょう。 
  坂ノ市最寄のリーダー財津さんが、「鍋帽子でエコクッキング」講習会の報告をしました。大分合同新聞に掲載して頂いたことで二度目は多くのお客様が来られ、大いに責任を感じている、とのこと。私たちも鍋帽子をもっと活用していかなくてはと思います。 
書籍係是永さんが、プレゼントにしたい希望の書籍があったら、言ってください。こんな風に、きれいに包装をして、お渡し出来ます、卒業、入学のシーズンです、是非、プレゼントに本をと思う人は、申し出てください。 
  今日の例会食堂は明野最寄りでした。
 ・ジャコ入り大豆ごはん 
・白菜と豚肉のスープ仕立て
・ほうれん草とシメジのゆず浸し

最寄の連絡などしあいながら、楽しくおいしく頂きました。
2月例会「友の会を考える」
当番:佐伯最寄、当番委員:笠井
讃美歌:24番
読書:「生きる以上は」ー思想しつ(中)ー
感想、 総リーダー、佐伯最寄
内容
・運営組織をどう考えるか、各部のリーダーが1年を歩んで思うこと
    :各部リーダー
・友愛セールについて・・・セール部リーダー係井上
・「鍋帽子でエコクッキング」講習会を終えて・・・坂ノ市最寄
鍋帽子の作り方勉強会、講習会について:生活部
・支援のこと・・・                                 
・「親と子のクリスマス会」報告・・・子ども係松村
リーダー報告
各部各係から
実務報告 出席者:39名   託児1名 係1名(光敷、係)
野の花の姿

例会セール当番わさだ・竹田・坂ノ市
例会食堂 明野最寄
 
   記録:永野