今日はわさだ・竹田最寄合同の講習会です。

今回で7回目となるパン講習会は、「クリスマスのティータイム」パネトーネとツリーパンを作ります。
昨日は準備会、そして、今日は講習会です。会場はクリスマスのテーブルの雰囲気を出したくて、ホーリーの赤い実やヒイラギの緑、サンタクロースなどを飾りました。 
見本に焼いてきたツリーパンをテーブルの中央に飾りました。
調理室では既に一回目のパンをこね始めています。そして、材料を揃えて準備です。 
今日は実習講習ということでお客様は6名です。テーブルを二つ作りその上に材料を揃えました。
10時に始まりました。パネトーネの手捏ねから始めます。材料がリッチなので最初はなかなか難しいですが、なめらかなパン生地になるまで交代で捏ねました。 
ニーダーで捏ねたパン生地でツリーパンに成型、手捏ねの生地はパネトーネに成型して夫々に発酵器に入れました。
その時間を使って、羽仁もと子著作集[新年の夢」〜思想しつつ生活しつつ下〜を皆で読みました。菊池さんが、感想を話します。 
ツリーパンをオーブンに入れた頃、紅茶の準備をしました。 
ツリーパンが焼きあがりました。少し冷ましてからアイシングをふり、チェリー、アンジェリカで飾ります。 
 
リハーサルで焼いたパネトーネと、出来上がったばかりのツリーパンで
いよいよ試食会・ティーパーティです。
可愛くデコレーションの出来上がったツリーパンです。ほんのり温かいツリーパンは本当においしかったです。
スリランカの紅茶のストレートとジンジャーティはとってもおいしくお客様も喜ばれました。
ティーパーティが終わる頃、パネトーネも立派に焼きあがりました。一つずつ、ご自分が成形されたものを持ち帰られました。

きっと、ご家族や友人と共にこのパネトーネを囲んで楽しいクリスマスを過ごしてくださると思います。