各自、作りかけの箱を持参、指導の井上さんに見てもらって次の作業の話を聞いています。

梅雨の時期、しっかりと乾かすことが大事と注意を受けています。

2011年5月10日:子どもを持つ母の集まりで一閑張りの箱作り

そっと広げてみると、思いがけない模様や色に染まっています。
色が混ざり合うと、染料に無かった色に染まりますね。、

和紙を屏風畳に折って染料で染めます。
初めてのことで、面白くて、色んな色で染めてみました。

「生活即教育」の読書あと、
「一閑張りの箱」作りをしました

お母さんたちがいつか作りたいと思っていた箱です。
いちごのダンボール箱を活用して、先輩会員の指導の下、作業をしました。

この箱は、整理箱にする予定です。出来上がったら、どんな活用をしているか、聞きあいたいな、と思いました。

子ども達が染めた和紙を箱に張りました。たくさんきれいな箱が出来ました。
夏休みお泊り会では、お支度箱になりました。家でも活用してくださいね。       終わり

6月25日:子ども友の会で、折り紙染めをする

2011年7月14日:子どもを持つ母の集まりにて、

殆どの人が、箱の補修が出来ました。ここを丁寧にしていると、しっかりとしたきれいな箱が出来ますと、励まされて頑張りました。

次回はよく乾いた箱を持ってきて、下張りの和紙を一面に張ります。あと一息ですね。

最初の土台作りを丁寧にとのアドバイスを受けて、皆、真剣に、ダンボール箱と取り組んでいます。

次回は、和紙の下張りをします。

お天気が良かったら、午後には仕上げも出来ると良いと思います。