2011年2月10日:米粉料理講習会を受講する
 大分市が「米粉で食料自給率アップ!!」と呼びかけています。米粉料理をひろめる講習会を出前でおこなってくれます。
大分友の会が申し込むと、採用されました。
希望のお料理の米粉以外の材料と場所の準備、受講生を集めることが条件です。

3人のインストラクターが米粉を持って教えに来て下さるというシステムです。友の家の集会室に3つの調理台を作って準備しました。 
 インストラクターの桜井さん、小野さん、加藤さん、市役所の担当の田中さんが来られました。

今日は大分友の会の明日の友グループが中心で準備しました。そして20名が受講します。明日の友リーダーが友の会の紹介をしました。その後、田中さんが米粉の特徴など話してくださってインストラクターの桜井さんが今日、実習するお料理の作り方説明をされました。
 今日の米粉料理は、「彩り米粉ニョッキスープ」と、「米っこタコス(4種類)」です。
 米粉のタコスを焼いています。油を少し多めに敷いて焼くとおいしく焼けます。フライパンに流す時は、米粉が沈みがちなので、よく混ぜてすくうのがコツです。
 数が多いのでホットプレートも使って焼きましたが、やはりフライパンで焼いた方がおいしいタコスになります。
 こちらは、彩り米粉ニョッキです。緑はほうれん草をみじん切り、ピンクは真っ赤なパプリカのみじん切り、黄色はかぼちゃ入り、白はジャガイモが夫々に練りこんであります。米粉は粒子が細かいので、さわると、とても気持ちよいです。
 それを小さく切って、フォークで筋目を入れると、ニョッキの出来上がりです。これはきれいで作りたいと思いました。
 タコスにはさむ材料を4種類作ります。出来上がったものからお皿に盛り付けていきます。
 タコスソースも作りました。
大皿には米っこタコスを盛りました。そして、彩りニョッキスープも出来上がりました。今日の一人分ですが、少し大目ですね。夫々においしかったです。
 桜井先生が、今日はどうでしたか?皆さんの感想を聞かせて下さい、報告します、とっても明るい先生で楽しく実習が出来ました。
 3テーブル、それぞれに楽しく実習、お料理も12時には頂きます!が出来ました。皆さん、米粉を買って帰り、作ってみたいという感想でした。
 米粉は、モチモチ感が良いです、良質のたんぱく質が豊富です、揚げ物に使うと、からりと揚ります、そして油の吸収は少ないそうです。
そんな話も伺いながら、頂きました。
 私たちの愛読書・婦人之友にも、米粉料理のことが載っています。今、注目を浴びている米粉です。
米粉にグルテンを添加した米粉ミックス粉というのも販売しているそうです。これから使用する人が増えると、もっと価格も手ごろになるのではと思います。いつもは講習会をする側になることの多い私達でしたが、今日はインストラクターの方に教えて頂きました。友の家に調理器具などをもっときちんと揃えたい、一緒に作ることはとても楽しいことだと改めて思いました。私たちの友の会のことを、たくさんお伝えできたこともうれしいことでした。