2011年2月1日:2月例会「次年度へのゆずり」
 
 今日はわさだ・竹田最寄合同で例会食堂です。昨日、下準備をして、例会前には冷菜の準備が整いました。
  2月例会当番は明野最寄です。明野最寄は30代から60代まで仕事をする人も幼児のある人も、様々な人がいる最寄です。 
12人のうち、7人が出席しました。 読書は羽仁もと子著作集「真理のかがやき」から「袖ふり合うも他生の縁」から総リーダーが感想を述べました。「仕事を持ちながらもどうしたら総リーダーが出来るか、皆で考えていただいた。そこには大きなお守りがあり、使命と感じることが出来た。これからも若い人へ、子どものこと・託児のこと、丁寧に関わりたいと思った。
続いて明野の人たちが、80年の年を歩んで、気づいたこと、また次年度へつなげたい事など話しました。 求めて読むと聖書呼びかける言葉が心に入ってきたと若い人、総リーダーを選ぶ責任を感じると最寄リーダー、家計の実例になったことから80年につながる者にして頂けたことを感じた若い人、思い煩うことなく、励むこと、交わることの大切さを感じている人、など、夫々に「友の会とは何ぞ」と熱心に自分と向き合った感想でした。
 今年になって、毎日、厳しい寒さが続いています。しかし、大分友の家の託児室は、太陽が一杯差し込む暖かい部屋です。子どもたちも係に見守られながら、仲良く遊んでいます。
 今日の大きなテーマは「次期総リーダーを考える」でした。やはり、友の会とは何ぞ、を考える大事な時間でした。

続いて、「生産を考える」、「3月の友愛セールについて」を係リーダーが話しました。
例会終了後、時期総リーダーのことを今後どう考えていくか、例会後委員会を持ちました。その間に、皆は例会食堂の配膳をしています。

今日の献立はハヤシライス、グリーンサラダ、さつまいものデザートと煮梅でした。
 2月例会
テーマ「次年度へのゆずり」
当番:明野最寄 当番委員:田中
託児:坂ノ市、春日、セール:豊府、光敷
例会食堂:わさだ、竹田
讃美歌:294番
読書:「袖ふり合うも他生の縁」〜真理のかがやき〜
総リーダー感想、当番最寄感想
内容
 次年度の総リーダーを考える
 食生産を考える
 3月友愛セールについて
リーダー報告
 九州部総リーダー会のこと
 友の新聞の新年言志に山田さん
各部各係より
講習会の呼びかけ
 坂ノ市最寄講習会
 米粉料理講習会(市の主催)
会報発行
実務報告:出席35名、託児3名係2名
野の花の姿 
   写真・文責:Mie