2010年5月7日:大分友の会5月例会「経済を考える」
ゴールデンウィークも終わって初夏の暖かさになった大分です。今日は5月例会です。久し振りに友の家で、皆さんとお会いします。
窓辺に活けられたお花がとても涼しげです。桜貝草という花だそうです。
例会食堂当番は明野最寄です。おいしいスープが出来ますよ、ととても楽しそうに準備しています。
例会セールには、たくさんのパンやケーキが並びました。
9時50分、例会が始まりました。総リーダーの井上さんの開会の挨拶です。
今日の当番は、春日最寄です。読書は羽仁もと子著作集「みどりごの心」から「数の恩寵」
総リーダーに続いて、感想を話しました。入会一年の若い会員は、「今の力で出来ることを探してしていきたい」と元気な感想で、励まされる。
大分友の会は、今年、創立77周年を迎えました。「友の家を与えられるまで」と題して西中さんが話してくださいました。多くの先輩方の気持ちの篭められたこの友の家を大切に使って、次代へまた繋いでいきたいと思います。
2009年度決算報告、2010年度予算の審議がありました。友の家の協力経済返済もあと、2年です。まだまだ気を抜くことなく、励みましょう。
託児室では、お母さん手作りのお弁当をお行儀良く食べていました。
経済の承認を得ることが出来ました。

全国友の会創立80周年の大分友の会の歩みを総リーダー、80年リーダーそして講習会係から話しました。
今日は例会終了時間が遅くなってしまいました。

例会食堂の準備を全員でしました。
今日の献立は
カレーパン、粉ふき芋、コーンと卵のスープ、野菜のピクルス金時豆入り、梅ゼりー、夏みかん、紅茶です。
5月例会 「友の会の経済を考える」

讃美歌:494番         当番委員:梶川
読書:「数の恩寵」〜みどりごの心〜春日最寄
内容:友の家があたえられるまで・・・西中
2009年度決算・・・的場
2010年度予算・・・笠井
 共同購入係から、友愛セール係から 公共係から
創立80周年を迎えて、
 総リーダー、80年係、講習会係
九州部新リーダー会報告
 九州部中央委員の読書報告、
 新リーダーの抱負から
 会員数の報告から
リーダー報告
 大会のこと、九州部生活勉強会のこと、工芸のこと、
 環境の取り組み
各部各係から
実務報告:出席38名、託児 子ども3名、係2名(豊府・宗方
黙祷 終了
   セール:坂ノ市、わさだ、竹田
         例会食堂:明野
記録:Mie