2010年3月13日:大分子ども友の会進級祝い会
今日は2009年度最後の子ども友の会「進級祝い会」です。皆が4月には夫々に1年進級します。また、お父さんの転勤で新しい所の学校に進級する子どももいます。

白板に張られた讃美歌を見て皆で歌っています。
一年間、読み続けてきた羽仁もと子著の「子供読本」から今日は「三つ子の魂百まで」を読みました。
ワシントンと、ナイチンゲールの姿を通して、小さな時からの良い性格を大切に育てていくことの大切さを知りました。皆さんの良い所は何でしょう。体が大きくなるのと同時に良い所も大きく育てましょう。

進級お祝いに、子ども係リーダーの井上さんから手作りのしおりを頂きました。
一緒に読書した子供読本から「力は出るもの出せるもの」「宝の山はどこにある」と書いてあります。
その後、前回の子ども友の会で決めた献立で進級お祝い会の昼食つくりを皆で分担して作りました。こちらの2人は炊き込み寿司に飾る青ジソを刻みます。
デザートの桜餅係は希望者が多いです。ホットプレートで衣を焼いています。あんは、お母さんたちにお願いして作ってきてもらいました。
炊き込み寿司の出来上がりが予定より遅くなって小さな子たちが待ちかねましたが、皆で揃っていただきました。
今日の献立です、「サケの炊き込み寿司、おとうふのすまし汁、ほうれん草の胡麻和え、桜餅」

今日はお友達も来てくれてうれしかったです。少し時間が下がりましたが、最後まで片づけをして散会しました。
讃美歌:454番
読書:三つ子の魂百まで〜子供読本〜
調理実習
進級祝い会食事会
出席:小学生8名(内外部1名)係2名、委員2名、
会食は大人3名、幼児4名参加する